2014-08-14

メドベージェフ首相のTwitter、ハッキング!

政治

AFPは、ロシアのドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev/Дмитрий Медведев)首相の公式Twitterアカウントが、何者かによって2014年08月14日に侵入され、首相辞任とウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領への批判をつぶやく騒動があったと報告した。

メドベージェフ首相のロシア語のTwitterアカウントは「私は辞任する。政府の活動を恥じている。許してくれ」とつぶやいた。

「私はずっと言いたかったことがある。ボバ、お前は間違っている!」と、同アカウントはさらにつぶやいた。
ボバはプーチンの愛称である。

メドベージェフ氏は長らく、大統領職を務めていた期間も含め、プーチンのナンバー2とみられてきた。

国営ロシア通信(RIA Novosti)によると政府報道官は「(メドベージェフ首相の)ツイッターアカウントはハッキングされた。メッセージは本物ではない。現在問題の対応にあたっている」と述べたと言っている。

しかしハッキングされたメッセージはその後も投稿され続けた。
結果メドベージェフ首相のアカウントはモスクワ(Moscow)のトレンド1位を獲得し、同首相のアカウントのフォロワー数は1万増加し、250万を超えたと報告している。

現在、フォロワー数2513464である。

Ухожу в отставку. Стыдно за действия правительства. Простите.
— Дмитрий Медведев (@MedvedevRussia) 14 августа 2014