2014-08-14

ニュージーランドで、スパークのマネー戦略は火を付けた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、以前のテレコム・ニュージーランド(Telecom New Zealand)であるスパーク(Spark)は、モバイルの販売時点情報管理リーダーでSME市場を投げる魅力を見る、最新の会社であると報告した。

オペレーターは、ビジネスがそれらのスマートフォンかタブレットを使用して、支払いを処理することを可能にするリーダーの「スワイプ(Swipe)」を始めている。

それは現地企業オプティマイザーによって開発された。

製品は、月額および長い契約でモバイルペンイメント・ターミナルで投資することを正当化するために取引高を生成しないビジネスに特に設計されている、とスパークが言った。

国内で200万のモバイル接続を持った2番目に大きいオオペレーターは、今月の初めにスパークへ、そのブランド名を変更した。

Spark Home, Mobile & Businessの最高経営責任者クリス・クイン(Chris Quin)は、「私たちは彼らの生活をより簡単にするために私たちができることを見て、企業顧客と広範囲な研究を行いました」と言った。

「モバイルペンイメント・ソリューションは、書類事務を減らし、キャッシュ・フローを解放する手段として彼らが繰り返し求めたものでした。しかし、事業主は何年も月額を地球上でを払いたくなかったか、ロックされたくなかった。」と彼が付け加えた。

「スワイプ」は月額のないオープンな長期契約によって提示される。それは他の国々の標準アプローチです。

商人アカウントとカード読み取り機は、NZD399(US$338)プラスのGST(国の物品サービス税)の1回限りのコストを持っている。
それは時々無料であるようなデバイスには比較的高価であった。

トランザクションの速度は、チャリティーは割引された0.95%のレートを得るEFTPOS(electronic funds transfer at point of sale/販売時電子式資金移動)カード取引について、クレジットカード・ペイメントと1セントのために競争率の高い2.75%である。