2014-08-14

フランシス法王は、アジアでこれまでで最も大きな挑戦に直面する。

宗教

BBC Newsは2014年08月13日に、選挙のちょうど17か月後に、フランシス法王(Pope Francis)は、ローマで世界の12億人のカトリック教徒のリーダーとしてギヤーを変えており、彼の注意をアジアに向けていると報告した。

今週、彼は、21世紀で、その最も大きな宣教師の挑戦をカトリック教会に提示する大陸で群を促進するために、恐らく4つの中で3つ目の長距離旅行の最初を始める。

世界のカトリック教徒の3%だけが、地球上で最も人口の多い大陸に住んでいるが、洗礼は今年、バチカン統計によって、ヨーロッパでよりも、アジアでもっと施された。

そして、フランシス法王は2014年08月14日に、韓国に到着した。

フランシス法王は、韓国で5日を過ごしている。
ここでカトリック教徒の数は、過去40年間にわたりめまいがする割合で増大した。

それらの数は、2%から仏教がまだ強く、最も若い人々が宗教を全く公言しない国の人口の驚くべき11%まで上昇した。

韓国のカトリック教徒は、よく教育され、かつ彼らの国の政治的エリート集団の有効部分を形成する傾向がある。

フランシス法王は、18世紀に対する彼らの信頼のために死んだ韓国の犠牲者のグループの記憶へ、敬意と祝福し表わす。

朝鮮でカトリック教と他のアジアの文化を区別するのは、朝鮮人が宗旨替えをし始めた前に、外国の宣教師が到着するのを待たなかったということであった。

それらは、イタリアのイエズス会士聖職者マテオ・リッチ(Matteo Ricci)によって17世紀の初めに中国へ持って来られた外国の信頼の学習の後に自分の教会を形成した。

彼は西洋の地図作成および数学を中国に紹介した。
また、金めっきの彫像は、まだ北京のカトリックの大聖堂の合成物の中で今日高慢に立っている。

フランシス法王は、ローマ教皇の権威に選任された初めてのイエズス会士である。
また、彼は、健康理由が、彼がアルゼンチンで彼の僧のトレーニングを終えた後に、宣教師としてアジアへ旅行するという野望を遂げることを防いだことを常に残念に思った。

韓国の後に、彼は、1月にスリランカを訪れて、次に、フィリピン上へ飛ぶことを計画している。
それはスペインの植民地で、それにより、カトリックの大多数がいる。

また、私は、たとえ日本語の極小の0.5%だけが彼の教会のメンバーでも、日本への一層の旅行が実現の可能性が強いと理解している。

ソウルで法王は、カトリックの青年フェスティバルのために集められた、23の異なるアジアの国々の数千人の若いカトリック教徒に会う。

そこでは、一斉にSelfie国際合戦が始まることだろう。
Selfieは、日本の写メではじまったことを
是非言って欲しい。

数は、はるかに2013年7月、彼の最初の外国旅行に世界青年の日のためにリオデジャネイロへの彼の勝利の訪問を伴った何百万未満である。

しかし、韓国のイベントの重要性は、その巨大会を超越するかもしれない。

誰かが今日存在する場合、ソウルへ代表団を送る北朝鮮のカトリック教徒への招待は、確かに、平壌によって拒絶された。しかし、中国の愛国的なカトリック教会のメンバーが、有効に現われると予想されている。

フランシス法王は、中国のリーダーとして習近平(习近平/Xi Jinping)が北京で総書記を引き継いだのと同じ週に高職に就任した。

フランシス法王は、習近平総書記に親書を送り、祝福し、そして代わりに、1950年の共産主義の乗っ取り以来のカトリック教会および中国の公式関係中でバチカンのために)心配なギャップにもかかわらず、丁寧な返事を受け取った。

ソウルへ行く途中で、フランシス法王は、ロシアと中国の領空の上を飛ぶ。また、それらの領域上にいる間で、長い間ローマ法王のチャーター便中の習慣だったとして、ロシア人と中国のリーダーシップの両方のもとへ彼が礼儀電報を送ると予想される。

ローマ教皇ヨハネ・パウロは、1980年代に2度韓国を訪れた。しかし、彼の飛行機は中国の領空を回避した。

計画は、朝鮮戦争の行き詰まらせられた終結の61年後にまだ2つの朝鮮を分離する、非武装化されたゾーンへのローマ法王の訪問のは存在しない。

しかし、ちょうど聖地へ、彼の訪問中にのように、今年の初めに、ローマへ戻る前に、フランシス法王は、ソウル大聖堂で最終重量で平和と和解に強力に訴えると予測されている。

2014-08-07---中国は、社会主義と互換した独自の「キリスト教神学」を計画。
2013-03-13---破門になった中国のカトリックと、新しい法王。
2013-02-17---統一教会創立者の死後初の集団結婚式。
2012-12-24---北朝鮮、韓国の国境に建てられたクリスマス・タワーを非難!
2012-09-15---2012年のグローバルな著名人の死亡記事!
2012-09-06---何千もが「統一教会」創立者文鮮明の通夜に集まった。
2012-09-03---「統一教会」創立者文鮮明が92歳で死去した。
2012-06-30---ニューヨークで4,000人が結婚し、2,000カップルが誕生して30周年!
2010-11-24---バチカン市国は新しい中国司教を破門にした。
1982-10-14---集団結婚式が、ソウル(韓国)で起こなわれた。
1967-09-16---統一協会に対し、原理運動対策全国父母会が結成された。
1900-06-21---清政府が列強8カ国に対し、宣戦布告した。
1900-06-13---「義和団」が北京内城に入城。
1890-08-08---四川省で仇教事件「大足教案」が、光緒16年6月23日に発生した。
1881-07-13---地元市民と米国教会が対立する「済南教案」が起こった。
1870-06-21---カトリック教会を襲撃した「天津教案」が発生した。