2014-08-06

タイルの上の蟻ではありません。人間です。

Yahooは、インド東部の州オリッサのブバネーシュワル(Bhubaneswar, in India's eastern state of Orissa)の郊外の水田で、農民がモンスーン雨の後に、米を植え始めている航空写真を公開した。

インドの雨季は、6月と7月のために23%の降雨、ゆっくり始まった。しかし、インドの気象部は8月と9月に改良を予測している。

南アジアの農業経済にとって、雨季重大である。

あまりに致命的な洪水を引き起こす場合もあり、食糧生産を減少させる場合もある。

以前、その地域をバスで通ったことがあり、同じ場所を航空写真で見てびっくりしたことがある。

そこには道だけが細い線であり、他は全部水であった。
また、ベトナムからカンボジアに向かったときも、飛行機で見たら国境は無く、すべてが水たまりであった。

そんな中をバスが走っていた。

そこをキングコブラが泳いでいた。

インド東部の州オリッサのブバネーシュワル(Bhubaneswar, in India's eastern state of Orissa)のGoogle Earthポインター情報
20°17'45.8"N 85°49'28.3"E
または、
20.296058, 85.824539