2014-07-01

Swisscomは、G&DによってTapitモバイルペンイメント・サービスが供給された。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2014年08月06日に、Swisscomは、安全なNFCに基づいたSIMカードを使用して、G&D(Giesecke & Devrient)によってTapitモバイルペンイメント・サービスが供給され、2014年07月01日に開始したと報告した。

ドイツの会社は、そのSIMがデジタルペンイメント・カードの詳細あるいはPOSシステムの支払いに加えて、会社もSwisscomサービスもをアクセスの構築のために使用することができる従業員IDのような敏感なユーザー情報の安全な記憶をデバイスで可能にすると言った。

しかし、主な焦点は、スーパーマーケットCoopとMigrosを含むサービスを支援する50,000店舗を超える出口と共に、小売りになる。

今後、それは予期されるユーザで、SIM上のそれらのロイヤルティーカードをまた管理することができるようになる。
Tapitは、Cornercard、スイスの買い占め銀行の1ユニットによって出されたビザ支払いカードを現在支援している。

さらなるカード会社は、例えば、マスターカード・カードの供給者Adunoグループ/Visecaが続く準備ができている。

TapitプラットフォームもSwisscomと同様に国のより小さなオペレーターによって使用されている。

2014-06-26---スイスで、NFCの着手のためにオペレーターが協力。
2014-01-24---スイス政府は、Swisscomの株所有率を50%以下に縮小。

Related Dates