2014-08-06

PaymのP2Pマネー・サービスは100万の登録を越えた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、振替を可能にするために単なるモバイル・ナンバーを使用するイギリスのサービスPaymは、2014年07月末に第100万の登録を記録した。

それは、最初の50万より長く掛かった。

このサービスはペイメンツ会議(Payments Council)によって開発され、イギリスで9つの一流銀行および建築組合のユーザーに提示される。

会議は、2014年04月末日でのその着手以来、100万の数に達する際にその達成を宣伝した。

しかし、Paymの着手の3週間未満後に、ペイメンツ会議のMPSプログラム管理者ナイジェル・キング(Nigel King)が産業会議で50万の登録を発表した。

P2P振替市場はユーザーを対象とする多くのサービスで競争率が高くなた。

会議は、さらに着手以来、友達または家族のもとへ比較的少額を送るために設計されているPaymサービスを利用して£650万が送られたと言った。

公認のものに対立するものとして、活動的なユーザーの脱走はなかった。

その目標は、2014年の終わりまでにイギリスでPaymを10の経常収支ホルダーのうちの9つのホルダーで利用可能にしておくことである。

スコットランド銀行(Bank of Scotland)、バークレーズ(Barclays)、カンバーランド建築組合(Cumberland Building Society)、ダンスク銀行(Danske Bank,)、ハリファックス(Halifax)、HSBC、ロイズ・バンク(Lloyds Bank)、サンタンデル(Santander)およびTSBの顧客は、万一、それらが望めば、既にサービスを利用できる。

少なくともさらに9つの金融機関が、2015年の初めまでにオンラインで参加してくる。