2014-08-06

ドイツの銃デザイナーによるスマート武器探求で、米国銃権利主張者激怒!

戦争と平和

ワシントンポスト(Washington Post)は、ドイツのウンターフェーリング(Unterföhring)からの情報として、伝説のドイツの銃砲製造業者エルンスト・マウフ(Ernst Mauch)は、ヘックラーウントコッホ(Heckler & Koch)社でほぼ30年間で、伝えられるところによれば、ウサマ・ビン・ラディン(Osama bin Laden)を殺した銃を含む、世界のほとんどの凶器のうちのいくつかを設計した。

国家取締人は以前、その産業で彼を「ロック・スター(rock star)」と呼んだ。

今、銃界は、異なる方法:反逆者として、彼に会う。

それらの激怒の目標は、エルンスト・マウフが、操業開始の近いミュンヘンでデザインしたスマートガン「Armatix」である。

まさにそれが彼の全経歴で、エルンスト・マウフが彼を悩ました罪の感覚を解決するのを助けた時、武器のまさにその概念は、米国銃を持つ権利主張者(U.S. gun rights advocates)によって攻撃された。

彼は、子どもが銃で互いに殺したことを知っていいる。

犯罪はそれらで犯された。

「それは私の心を傷つけます。」と58歳の銃デザイナーが言った。

「それは生命です。銃によってそれらは殺されるだろうと思わなかった人々の生命です。家でよい家族がいます。次に、死にます。それは正気でありません。」
マウフのソリューションはiP1を個別化することができる。
したがって、銃の正当な所有者が武器に無線で接続された特別の時計を着用していれば、それは単に発砲できる。

それはUS$数十億の米国市場のために彼が想像したヒット製品ではない。

2人目の修正擁護団体(Amendment advocates)は、それを売ろうとしたメリーランドとカリフォルニアの店に対して、テクノロジーが命令されるのを恐れて、今年、怒りの抗議を開始した。 その時かつて彼を尊敬した産業は、疑いで彼を見た。

「私はエルンストを愛します。また、火器への彼の貢献は信じられません」とヘックラーウントコッホのマウフのもとで働いた銃器産業コンサルタントであるジム・シャッツ(Jim Schatz, a gun industry consultant who worked for Mauch at Heckler & Koch)が言った。

「しかし、彼は、憲法上の権利を侵害するために反砲手がこれを使用するだろうと理解しません。それらはドイツで別の修正を持っていません。」
マウフは、銃界の多くの人々が、彼が行っていることに反対することを理解している。

しかし、彼は、それをもたらすために自分をスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)のように、ノウハウを持った誰か、デジタル時代へ「愚かな銃」と、彼がそれらを呼ぶとして、「妥協」は彼が繰り返し、使用することではないと頑強に見なした。

「これは、形から、それらの人々は私が正気でないと考える武器の新しい世代の始めです。」と彼が言いました。

「誰でも銃またはピストルを作ることができます。しかし、可能性がそれをより安全にするためにここにある場合、私たちはそれをしなければなりません。私たちは絶対にしなければなりません。」

「愚かな銃」
マウフはドイツのシュヴァルツヴァルトの端にある小さな村ドゥンインゲン(farmer’s son in Dunningen, a small village at the edge of Germany’s Black Forest)の農民のの息子として成長した。今日、彼はそこで、静に、ハチを育てて、小麦を育てて、下手な修繕をした。

彼は事態を修理した。

ティーンエイジャーとして、彼は時計製造業を取り上げた。

彼はその時間に結びついた小さな動作のシーケンスである複雑な部分を愛していた。

大学に在学中に、彼は機械工学を研究した。
また、要求されるインターンのうちの2つはヘックラーウントコッホ(Heckler & Koch)にいた。

彼は、対戦車火器サイト・システムの設計を目上に押してつけて、直ちに仕事の正確を好きになった。

武器で一生を過ごす考えは、彼に思い浮かばなかった。

「その時に、私は考えなかった」と彼が言った。
「私はちょうど学習した。」
その会社は、1978年に彼の卒業の後に戻ってくれるようにマウフに依頼した。

彼は、創造性のある武器システムのデザインに対する評判を得て、職制を上へ速く確実にした。
また、クラッキングは、問題を検討し、かつ解決策を提供するために組立てラインまでしばしば歩いて、問題を複雑にした。

マウフの攻撃用ライフルおよび擲弾筒は、アメリカを含む世界中で軍隊によって切望されるようになった。

彼は、携帯兵器武器類中の達成をたたえる国防産業協会からの毎年の賞チン賞(Chinn Award)で、最初の外国生まれの受賞者だった。

彼は、まだ米国軍隊研究所と規則的に相談する。

「そして彼は、エンジニアリング側のそれらのニーズを満たす方法で、エンドユーザーがどこから来るか理解した。」と、マウフと武器プロジェクトを共同研究した元デルタ・フォース・メンバーのラリー・ヴィッカーズ(Larry Vickers, a former Delta Force member who collaborated on weapons projects with Mauch)は言った。

「彼は、非常にユニークで、現在そのまま放置された問題についての理解力があった。」
それらが相互に処理した武器のうちの1つは、1990年代の初めにM4カービン銃を引き受けた特別のガスシステムを備えた強力な攻撃用ライフルHK416だった。

ライフル銃は米国の特殊部隊によって使用される。
また、見たところでは、2011年にパキスタンで隠密の襲撃でビン・ラディンを殺したシール・チームの人6メンバーが選択した武器だった。

「私は、それらが負傷せずに、これをもたらすかもしれないあなたの兵士にとって幸福だった」とマウフが言った。

「しかし、私は、これに関して全く考えない。私は、実際にこれに対する感情を持っていない。」
しかし、マウフは良心のない銃デザイナーではない。

彼の経歴の初期に、新しいスナイパー・ライフルに取り組んで、「何をしているのか?」と思って、彼はある夜、寝付けなかった。
「これらの種類の製品を開発することは正しいことか?」
生活が殺害により定義されて、神に対する深い信頼と対立する経歴を彼は知っていた。

彼は頭で、正当化を見つけた。
このライフル銃は、彼の腕の中に子どもを抱く誘拐犯人を殺そうとする狙撃兵によってある日使用されるだろう。

「この武器は仕事をするに違いない」とマウフが言った。

彼は経歴の全体にわたるその論理的根拠に気楽さを感じた。

彼は、神は側にいると思う。

「私の最良のパートナーは我々の神である。」と彼が言った。

「多かれ少なかれ、私は、それが私の生活を支援していると思う。」
その証拠として、
「私はまだ生きている。また、彼は美しい妻および家族と私を祝福した。」
マウフは、少年がヘックラーウントコッホの短銃のうちの1つを持った友達を誤って殺した後、ある日権威によって
「なぜ少年は、銃がロードされたことを知っていなかったのか?」
「なぜ少年は、それが部屋にあったことを知っていなかったのか?」とマウフが尋ねられ、4時間の質問に続き、1990年代にその家族のもとに帰宅した。

彼は、いとしい妻に、「私はこれらの最後の4時間を忘れません。」伝えた。
質問がよい質問であるとマウフは言った。

「それはよい銃でした」と彼が言った。
「よい銃だが愚かな銃。」

銃をより賢くする考えは根を下ろした。

数年後に、ヘックラーウントコッホを運営している間、マウフは、スマートガン技術に興味を持っているドイツの電子ロック会社に研究開発契約を与えた。

しかし、2005年には、マウフが、彼の生活での痛い瞬間、会社の後ろの投資信託会社との論争の中で、ヘックラーウントコッホを去った。

マウフは、彼が競争者の多くから有利な求人を受け取ったと言った。
しかし、彼はスマートガンを追求したかった。

彼の妻は彼に伝えました:
「今、この他の使命を行わなければなりません。このため、あなたは、H&Kにこれ以上いません。銃をより安全にしなければなりません。」

マウフが2006年には、ロック会社からスピン・アウトし、Armatixで、自分の金銭を投資し、特に米国の市場に向けられて、.22口径のiP1の開発をリードすることに参加した。
ここで技術に対する関心は近年増加した。

彼は、保証可能であると考えなかった産業で、電気技師、銃砲工および少数の古い接触を募集した。

「私は、スマートガンが武器の次世代であることを確かめたかった」とマウフが言った。

今彼を苦しめる質問:誰か同意しますか。

マウフのオフィスで、彼の机によって壁に掛かっていて、「友達の間で発射する」ために翻訳するヘッドラインを備えたドイツの新聞からの記事がある。

物語はアンディー・レイモンド(Andy Raymond)について扱っている。所有者、iP1を運ぶ計画を発表した後に銃を持つ権利活動家からの死脅威に直面した軍備(ロックヴィル(メリーランド)銃店)を取ります。

全米ライフル協会および他の銃グループは、猛烈に一部分状態で売られた火器がすべてアメリカで売られている3年間のそのような武器内にスマートガンであると命ずるニュージャージー法則のために、スマートガンに反対します。

マウフは、彼が法則を支持しないと言いました、市場は決定するべきです、しかし、彼は銃主張者がより多くの銃、特により安全なものに反対で当惑している。

「私は、私たちに現代の銃の可能性のことをそれらに伝える機会を与えるようにそれらに依頼しましょう」とマウフが言った。

「私は、なぜそれらがこれを怖れるか知りません。」
彼は銃所有に反対しない。
彼は、それらに知ってほしい。

3億を超える銃がアメリカにあると伝えた、マウフは微笑み、「私はそれが好きです」と言った。

スマートガンは、マウフが過去に使用しなかった部分を加えた。
バッテリー、ワイヤー、コンデンサーおよびマイクロチップ。すべて彼のオフィスの近くの机の上にばらまかれた。

「あなたはこれらのものを見ないでしょう」と彼がエレクトロニクスを見て言った。

銃を持つ権利主張者は、スマートフォンをしばしばリブートする必要があると述べて、任意のスマートガンの信頼度に関する問題を提起した。

マウフは、それらが見るべきであると言い、武器を作った。

HK416を作った人。

マントラ、「妥協はない」で銃を作るために成年期を過ごした人。

軍隊リサーチラボラトリーでの彼のコンタクトは彼をバックアップしている。

「彼は、信頼できるデザインを考え出した。それは安全性を提供します。また、それはセキュリティを提供します。」
「私は銃を破壊せずに、それを破る方法について考えることができません。」
と、アバディーン試験場の研究所エンジニアであるサム・ワンサック( Sam Wansack, a lab engineer at Aberdeen Proving Ground)が言った。

世界で最初の万博、ロンドン万博ではじめて米国から世界最初の6連発銃コルト(Colt)が展示され、その後、もっとも殺傷能力があるハンドガンと賞賛され、今も米国の軍隊で採用されているコルトの家族の悲劇を知っていたら、銃デザイナーが悩まないのがおかしい。

2014-06-02---米国で拳銃販売は熱気!
2013-12-23---AK47攻撃用ライフル・デザイナーのカラシニコフが死去した。
2013-10-09---広島、長崎の原爆に使われたウランは、自然財産によって祟られたコンゴから来た。
2012-09-30---「俺たちに明日はない」のギャングが使った銃、US$50万で売れた!
2012-01-02---射殺された米国の放浪者で、イラクの在郷軍人を捜査!
2011-05-01---オバマ大統領が、ウサマ・ビン・ラディンの死を確認したと報告!
1979-01-29---16歳の少女が500発乱射し、校長と用務員を殺した。
1851-05-01---世界初の万国博覧会が開催された。