2014-08-06

中国の中流階級は、より多くのコーヒー、アルコールを消費。

美容と医学の科学経済

新華社は2014年08月07日に、新しい調査によれば、中国の中産階級の消費者は全国平均より多くのコーヒーとアルコールを買っており、より「より忙しく」、「よりストレスの多い」生活を送っていると報告した。

the Core Economically Active Population Surveyは、中国の中流階級の73.5%は、全国平均の62.1%と比較して、彼らの生活がますます忙しいことに合意した。

平均の56.7%より高い、中流の回答者の合計59.5%が、「あまりにも多くのものは、私にこの世で非常に強調されたと感じさせる。」ことに合意した。
その調査は、平均の55.3%に対し、彼らが経歴で、離れた優位中の「まさにそのトップ」に到着したいことに中流の回答者の63.5%が合意したと言った。

2014年08月06日水曜日に公表された調査は、市場調査会社CTR、および中国インターナショナル・テレビとイギリス本拠の市場調査会社カンタール・グループ(Kantar Group)間の合弁事業によって行なわれた。

調査は、収入によって中国の中流階級を単独で定義しない。しかし12の収入関連の変数を使用し、教育レベル、医学研修期間、耐久財消費および商業サービス消費によって中国の人口を分類するモデルに基づいた。

その調査で、インスタントコーヒーおよび中流階級による栄養飲料の消費が全国平均より50%高く、その一方で、即座に飲むことができるものと、非インスタントコーヒー製品のそれらの消費が平均より100%高い、ことが分かった。

調査によれば、中流階級はさらにミルク、フルーツジュース、飲む準備ができている茶およびヨーグルトをよりしばしば消費する。

アルコール・カテゴリーは、他のグループより中産階級の消費者にとっての高い魅力を同様に持つ、とその調査が言った。

平均43.1%に対し、中流の買物客の半分以上(56.1%)はビールを飲む。

ワイン、それは一般に提携される‥‥中流‥‥中国で味わう、平均のみにいる間、中産階級の消費者のの上に3分の1(33.4%)を勝ち取った‥‥都市の中国の飲料の5分の1(20.9%)それ。

調査によれば、中国人の好きなスピリッツ「白酒(baijiu)」あるいは「ホワイトリカー」は平均の18.8%と比較して、中流階級の4分の1(24.9%)に消費される。

調査はさらに、純粋なフルーツジュースを買う消費者の多数によって健康飲料を考慮し、平均26.3%と比較して、中央の地層中で41.6%である「私の食事は以前より健康である」ことに中流階級の57.5%が合意した。

そのような選択はグループの高まる健康意識に寄与するかもしれないと、3.1%が指し、平均より高いと、その調査は示した。