2014-08-06

バンク・オブ・アメリカは、米国司法省との取り引きでUS$165億で接近。

銀行

ロイター(Reuters)はからの情報としてIBT(International Business Times)は、バンク・オブ・アメリカ社(Bank of America Corp/BAC.N)は、買った銀行と会社が金融危機の準備段階で売った抵当証券の調査を終了するためにUS$165億以上を払うことで、米国司法省(U.S. Department of Justice)との取り引きに接近していると、問題に精通している人が2014年08月06日水曜日に言ったと報告した。

その和解は、バンク・オブ・アメリカ社の最高責任者ブライアン・モイニハン(Brian Moynihan)が、彼の前任者ケニス・ルイス(his predecessor, Kenneth Lewis)によるコウンティウィド・ファイナンシャル社(Countrywide Financial Corp)およびメリルリンチ社(Merrill Lynch & Co)の獲得物を通じた重い抵当負債のほぼすべてをバンク・オブ・アメリカから除去するために、4年間以上戦った仕事を仕上げることになる。

問題に関して公に話すのを認められなかったと人は、銀行が、現金と援助で、残りで苦闘している住宅所有者に約US$90億を払うことに合意したと言った。

バンク・オブ・アメリカ・スポークスマンであるローレンス・グレーソン(Lawrence Grayson)は、コメントすることを断わった。

US$165億ドルの支払い金は、米国の制裁および不適当に売買した抵当を含む、不品行の範囲のための銀行に対する一連の急上昇する罰において最大になる。

同様の市民の不正行為を解決するためにJPモーガン・チェイス社(JPMorgan Chase & Co/JPM.N)は、モーゲージ社債投資者を誤解させたと主張し、昨年US$130億が支払わされた。
また、シティ・グループインク(Citi Group Inc/C.N)は、先月、同様のチャージに関してUS$70億を払うことに合意した。

期待された2つの和解とバンク・オブ・アメリカは、バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)が司法省に金融崩壊をあおるのを助けた抵当証券で詐欺を調べるために2012年に召集するように指示したタスクフォースの結果である。

彼の政権が、危機に寄与した人々から、十分に責任のあるように保持していなかった批判に直面した後、発表はなされた。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が最初に、水曜日の和解交渉における進歩を報告した。

バンク・オブ・アメリカと政府の間の交渉は、バンク・オブ・アメリカ総合弁護士ゲーリー・リンチ(Gary Lynch)と司法省の3番目の役人トニー・ウェスト(Tony West)の間の会で水曜日に継続されたと、会談に精通している2人が言った。

最終取り引きの発表は今週予定されていない。

合意の中で、主要は、先週、モイニハン(Moynihan)と司法長官エリック・ホルダー(Attorney General Eric Holder)の間での通話の後に到達したと、情報筋は言った。

バンク・オブ・アメリカは、モイニハンとホルダーの間の会を以前に求めた。
しかし、司法省は先月リクエストを断わりました。

先週、銀行は、連邦預金保険公社社およびいくつかの州からのクレームと同様に3つの司法省の調査も解決するためにUS$140億のその初期の提示を上げた、と情報筋が言った。

マンハッタンの米国地方裁判所判事ジェッド・ラコフ(U.S. District Judge Jed Rakoff in Manhattan )が水曜日に彼が売られた見せかけの抵当上で、全国的、銀行は2008年7月にUS$25億で買いった「真鍮詐欺(brazen fraud)」と呼んだものにUS$12億7000万の罰金を払うようにバンク・オブ・アメリカに命じた後、モイニハンとホルダーの間の通話は来た。

陪審員は先の10月行為に対して責任がある2番目に大きい米国の銀行を見つけたが、銀行がどれくらい大規模な罰に直面するかは明らかではなかった。

バンク・オブ・アメリカは、ローン中の失われた金銭が、全国的にあるので、それが何も責任を負わないに違いないと主張した。

個別の司法省の交渉は、銀行が2008年に得ることにさらに合意したメリルによって売られた有価証券に関する主張によって駆り立てられた、と問題に精通している人々が言った。

アナリストは、訴訟、ローン買い戻しと、他のモーゲージ救済を通じて、カントリーワイドとメリルの購入品が訴訟で、ローン買い戻しと他の抵当のためにバンク・オブ・アメリカは既にUS$500億以上を要したと言った。

規定するファイリングによれば、すなわち4分の1以上の約US$2450億は、US$9650億のモーゲージ証券とローンで2004年から2008年の間に出た、バンク・オブ・アメリカにデフォルトとして、あるいは厳しく怠慢に売られたの中で、また今個人投資家に帰着した。

一方、カントリーワイドのUS$1870億、あるいは76%と説明された問題の有価証券で、バンク・オブ・アメリカが正当なUS$100億、あるいは4%を占めた。

残りはメリルおよび前のファースト・フランクリン・ファイナンシャル社(First Franklin Financial Corp)から来た。
メリルは2006年にそれを買った。

消費者、和解の部分を支援する、過去の取り引きを映すと予想され、それは水面下の借り手のために貸出残高をカットし、抵当の財政を立て直すことに苦闘している住宅所有者への他のタイプの支援を含んでいた。

バンク・オブ・アメリカは、ニューヨーク証券取引所でUS$15.20で閉じ、水曜を20セント共有した。

それらは、立会時間の後にほとんど変更しなかった。

連邦準備制度理事会が金融危機以来初めてその四半期配当を上げるその計画を承認したとバンク・オブ・アメリカが言った直後に、取り引きに関するニュースは来た。

イリノイ司法長官リサ・マディガン(Illinois Attorney General Lisa Madigan)は、彼女のスポークスウーマンによれば交渉に関係していた。

ニューヨーク司法長官エリック・シュナイダーマン(ew York Attorney General Eric Schneiderman)も会談に関係した、と彼の関与に精通している個別の人が言った。

シュナイダーマンのスポークスマンはコメントを断わった。

2014-07-14---シティ・グループは、危険なサブプライムの抵当調査解決で罰金US$70億払う。
2014-07-09---今度のシティ・グループの罰金は、年間利益の半分US$70億。
2013-11-20---JPモルガンは、米国政府当局とUS$130億の最大記録で合意。
2013-11-15---JPモルガンはUS$45億で、抵当解決に同意。
2013-10-25---JPモーガンは、罰金をUS$51億まで値切った?
2014-07-02---ゴールドマン・サックスに、US$80万の罰金。
2014-07-01---フランスの最大の銀行BNPパリバは、制裁妨害で罰金US$90億。
2014-06-03---フランスは、BNPパリバ'の罰金US$100億は、不合理と言った。
2014-04-25---G-7の国家は、ロシアに対するより多くの制裁に賛成。
2014-03-14---UBSのトレーダーは、基本的な香港の利率を装備しようとした。
2014-03-14---米国の金融調整機関は、主張されたLiborで16の銀行を起訴した。
2014-02-17---アメリカの銀行が設備を取消し、キューバは米国領事館を停止した。
2014-01-31---NY裁判官は、バンク・オブ・アメリカのUS$85億での解決を了承。
2014-01-24---JPモーガン上司ジェイミー・ディモンの支払いはUS$2000万まで上昇。
2013-12-04---世界中の大手銀行は、すべてEU罰金銀行(EU fines banks)。
2013-11-04---HSBCの利益は、香港とイギリスによって駆り立てられて、30%急騰。
2013-10-24---米国の銀行は年末に向けて、また大荒れ!
2013-10-20---JPモーガンは、史上最大の罰金、US$130億を払ってもよい。
2013-10-16---JPMorganは、CFTCとの合意で、悪事を認め、罰金US$1億支払う。
2013-09-02---ビザは幹部の間違った辞職報告に応答した。
2013-07-18---サイバー攻撃が爆発するとともに、銀行は戦いに備えている。
2013-07-17---バンク・オブ・アメリカの利益は経費削減で急騰。
2013-05-07---不良債権が減るとともに、HSBC利益は約US$84億まで2倍になった。
2012-12-20---スイスのUBS、香港調査に直面!海外銀行の金融やくざえを追え!
2012-12-19---スイスのUBS、LiborスキャンダルでUS$15億の罰金!
2012-12-11---誰が銀行の罪の代価を払うのか?馬鹿げているが、それは、あなたです!
2012-12-11---グローバルな銀行業務スキャンダルを誰が監視しているか。
2012-12-11---HSBC、米国でのマネーローンダリング罪で史上最大、罰金US$19億!
2012-12-06---スコットランドの独立、ジョン・スウィンニーは、EU再志願報告を拒否。
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-12---スターバックス、Google、Amazonはヨーロッパで租税回避!
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。
2012-11-01---スイスの銀行口座を持った2,000人のギリシャ人の名前公開は不法か合法か。
2012-10-24---アマゾンは、電子ブック販売の節税を剥ぎ取られた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-10-03---イランは、通貨落下を止める手段を締めた。
2012-09-25---イギリスの銀行は、融資のために資金提供する新しいスキームに署名。
2012-08-26---Unicreditは、米国イラン制裁を破壊した?
2012-08-15---米国で呼び出された7つの銀行のLiborスキャンダル!
2012-08-15---Standard Charteredは、米国での解決で、株価を回復。
2012-07-30---ヨーロッパ最大のHSBCは、ミス販売とマネーローンダリングで利益を高騰!
2012-07-25---HSBC、メキシコ麻薬マネーローンダリングで罰金US$2,750万。
2012-07-22---世界のスーパー金持ち用脱税「隠し金山」を発見!
2012-07-17---ヨーロッパ最大銀行HSBC、麻薬マネーローンダリングを許可!
2012-07-16---HSBCは裁判所に、本部の抗議者を立ち退かるように依頼!
2011-07-25---米国の資金は、タリバンに流れていた!?