2014-08-06

ヨーロッパのロゼッタは、彗星67Pのまわりの軌道に入った。

宇宙

BBC Newsは、ヨーロッパのロゼッタ(Rosetta)は、10年の追求の後に彗星に着いたと報告した。

宇宙史上はじめて、宇宙船は詳細にその表面の地図を作成し始めるたに、ボディのスピードを上げる演習をさせられた。

最後に彗星67P/Churyumov-Gerasimenkoに追いつくために、宇宙船は6.5分間そのスラスターを発射した。

ドイツのEsa(European Space Agency/欧州宇宙機関)オペレーション・センターでシルバン・ロディオッ(Sylvain Lodiot)が「我々は彗星にいる!」と言った。

Esaの長官ジーン=ジャック・ドルダイン(Jean-Jacques Dordain, director general of Esa)は「我々の目的地の方へ旅行することで10年5カ月4日後に、太陽のまわりでループする5倍の時間で、64億km、我々は、最後に「我々はここにいる。」と発表して大いに喜ぶと言った。

2004年3月にアリアン・ロケット(Ariane rocket)に搭載されて始められて、ロゼッタは、彗星で67Pに追いつくために私たちの太陽系のまわりの長いルートを取った。

一連の低空飛行での調査は、60億kmの追求の間にその速度を増加させるために地球と火星の重力を使用した。

エネルギーを節約するために、ドイツにあるEsaのダルムシュタット・センター(Esa's centre in Darmstadt, Germany)のコントローラーは31カ月間冬眠にロゼッタを入れた。

1月に、それが大胆な遭遇の最終行程を始めたとともに、それらは、成功裡にその仮眠からの技術を起こした。

過去2カ月間、ロゼッタは、調査を遅くするために一連の策略を実行している。

彗星は毎時55,000km(34,175mph)で移動している。

相対的に、それが1m/秒(2.2mph、3.6kph)の遅い歩行用の歩みで彗星のそばに飛ぶように、宇宙船の速度が調節された。

地球からのメッセージは、ロゼッタを悩ませるために5億5000万km分だけ離れて22分以上かかっている。

含まれていた距離は非常に大きいので、月曜夜に水曜の重大なスラスター燃焼用の複雑な最終コマンド・シーケンスを出さなければならなかった。

「事実中のこの到着過程は私たちがかつて見た中で、最も複雑で、最も珍しい軌道です」とフランスの宇宙機関CNESのプレジデントであるジーン=イブ・レ・ゴール(Jean-Yves Le Gall, president of the French Space Agency CNES)が言った。

ロゼッタは、回転する岩の上の100kmでhyberbolicな軌道を維持するために数日おきにそのスラスターを発射し続けなければならない。

その後、技術は一連の道具でそれを研究して、次の15か月の間彗星の側に移動する。

それがより接近しているようになるとともに、ロゼッタは、67Pのますます詳細な写真を撮り続ける。

いくつかの写真は、それが宇宙で回転するとともに、よく知られている形を示すように見えるので、不思議な彗星は「ゴムあひる」とあだ名をつけられた。

プロジェクト科学者マット・テーラー博士(Project scientist, Dr Matt Taylor)は、
「私にとって、これはそこでかってない最もセクシーで、最も空想的なミッションです。それは主に科学として、魅力、調査、技術および科学の点から多くの箱をかちかち音を立てています。」と言った。

それが太陽の方へ移動させるとともに、67Pは暖まる。
また、昏睡として知られているガスとほこりのその引きずる後光は、オービターにいくらかの詳細で、科学的な仕事をする機会を提供して増加する。

「私たちは、彗星の外圏大気から外に昏睡のガス焼きの証拠を見ました。これはほこりとガスで作られています」
「私たちは、そのために搭載されたインスツルメントを持っています。このガスのために鼻をすすり始め、それを味わうだろう、さらに、私たちは、このほこりのうちのいくらかを集めて、昏睡自体に触れる。うまくいけば、それが今週いつか生じるでしょう。」とテーラー博士が言った。

67Pに近いロゼッタを移動させた後に、宇宙飛行管制官が表面でPhilae着陸船を置くことを試みる場合、使命は11月にさらに野心的になる。

着陸船は、それ自体を停泊させるためにもりを使用し、彗星を構成するマテリアルへ訓練することを含む一連の実験を実行すると予想されている。

使命は、彗星、および原始太陽系のまわりの生命の発生ブロックを渡すことで、それらの役割についての知識を増すことを目標としている。

2014-01-20---彗星追跡宇宙船ロゼッタは、31カ月間の冬眠から目覚めた!
2010-07-10---謎の「リュテティア(Lutetia)」
2009-11-12---63.3万km離れた位置から撮影した地球。

ドイツにあるEsaのダルムシュタット・センター(Esa's centre in Darmstadt, Germany)のGoogle Earthポインター情報
49°52'14.6"N 8°37'23.9"E
または、
49.870722, 8.623303