2014-08-02

ブリストル・リサイクル工場で見つかった人間の一部。

BBC Newsは、ブリストル・リサイクル工場(Bristol recycling plant)で見つかった人間の身体の一部は、警察によってスウィンドン(Swindon)の人であると確認された。

警察は、人間の身体の一部のうちの1つが見使った後で、可能な残りに対して、スタッフによって警告を受けた後に、エーボンマウスのビファ貯蔵所(the Biffa depot in Avonmouth)へ金曜日11:00 BSTに呼ばれた。

エイボン・サマセット警察(Avon and Somerset Police)はスウィンドンの浮浪者34歳のマシュー・シモンズ(Matthew Symonds)として犠牲を特定しており、彼の死が説明されないものとして扱われていたと言いました。

検死検査は後で実行される予定になっている。

彼の近親者に通知された、と警察は言った。

調査官ガレス・ベヴァン(Det Ch Insp Gareth Bevan)は、その人の死を取り巻く状況を確立するために、オフィサーが「疑問のいくつかのラインに従っていた。」と言った。

「ここまでの警察の疑問は、スウィンドンで集められた商用、再利用、不用、、身体が輸送されたことを示唆します。また、したがって、調査の焦点は将来そのエリアになるでしょう。」彼は言いました。

「その調査は初期段階にあります。
また、私たちは、この人の死に結びつく状況に関する広い心を維持しています。」
警察は、早すぎたので、身体部分がどれくらいの時間でそこへ行ったかということが言うことができないと言った。

Biffaは、商用、産業・公のセクター組織からの廃物を処分する、国の主要な廃棄物管理会社のうちの1つです。

会社のマシュー・ハンフリース(Matthew Humphreys)は、
「私は、身体が8月1日(金)の午前に私たちのAvonmouth中継ステーションで受け取られたことを確認することができます。」
「Biffaは、健康と安全性を非常に真面目に受けとめて、その事件を取り巻く状況へ、それ自身の内部調査を行なっています。」と言っている。

ゴミに混じって人間の死体が見つかることは多いと言われているが、どのようにしてかは判らないが、かなり細部まで明らかになると言われている。

エーボンマウスのビファ貯蔵所(the Biffa depot in Avonmouth)のGoogle Earthポインター情報
51°30'32.4"N 2°41'41.4"W
または、
51.509000, -2.694833