2014-08-02

ナレンドラ・モディ首相のネパール訪問。

自然経済

BBC Newsは、国境を共有し、密接な関係を持つことを主張する2カ国であるが、ナレンドラ・モディ首相のネパール訪問は17年間ではじめてネパールを公式訪問するインド首相になったと報告した。

る2カ国間で最も論争の的になる問題のうちの1つは、越境水域資源の共有に関して深めている。

彼が5月に就任し、ブータン(Bhutan)の後に2番目の外国訪問になり、職員とエキスパートは、それがナレンドラ・モディ首相のネパールの首都カトマンズ(Nepalese capital, Kathmandu)への出張の間にアジェンダ上で高いだろうと言った。

彼らは、主な取り引きが両側の充足に署名される場合、日曜日に始まる2日間の訪問が数十年間の行き詰まりを解消するかもしれないと信じられている。

しかし、それは1つの、実際に大きな問題であった。

過去の条約および根深い疑いを取り巻く論争は、渇水期(during dry season)中にインドのガンジス(Ganges)に水の70%以内を寄付するネパールの川上で計画された人質メガプロジェクト(mega-projects planned )を保持した。

不信の最新の現れでネパールの政治は、デリーによって最近提案された水力発電開発協定に関する論争に続いて加熱され続けた。

両方とも規定することからのネパールの政治家と野党は、インドのネパールの水資源に関する独占で、インドが捨てた主張を安全にすることを、提案が目指すと主張した。

デリーは、さらにカトマンズが提案されたドキュメントを自由に修正し、明確にした。

「インド-ネパール関係は、無感覚によって絶えず転覆されており、インドと過敏の側、およびネパールの側の誤解への平伏を偶然見つけています。」と元インドの水資源秘書ラマスワミ・アイヤル(Ramaswami Iyer)が最新の論争に続き、新聞 Indian Express紙上で書いた。

「その背景のために、私は、以前新しい条約あるいは協定の試みに対して用心させました。」

ナレンドラ・モディ首相はインドのより小さな隣人と関係改善を約束しており、政府の彼らの長を彼の就任式に招待した。

ナレンドラ・モディ首相の訪問の基礎を築くために、インドの外務大臣スシュマ・スワラージ(Indian Foreign Minister Sushma Swaraj)は先週、カトマンズへ行き、少なくとも半ダースの水およびパワー・プロジェクトに言及するコミュニケに署名した。

ネパールの何人かの政治家は、相互の水力電気の資源開発にインドのその隣人への新しい外交政策がさらに反映されているかもしれないと期待している。

「それらは、過去の誤りを繰り返したくないことを示しました」とナレンドラ・モディ首相の訪問の間にインドとの水資源上で意見が一致すべきことについて政府に助言するために組織された多党の特別対策本部のメンバーであるビヒム・ラワル(Bhim Rawal)が言った。

「それらが示したものが実際に起こるかどうかは今のところ不明です。」である。


ビヒム・ラワルが所属する一体になったマルクス主義者レーニン主義者ネパールの共産党(the Communist Party of Nepal)は、連立政権の主要共同組織になっている。

1997年に、インドと調印されたマハカリ川条約(Mahakali river treaty)を取り巻く次の論争を分割し、それは、数年後に再統合した。

論争の的になっている条約の主要コンポーネントは、土地の巨大な包帯を潅漑し、2カ国によって共有される6,400MW以上の水力電力を生成することを計画するパンチェスウォー・プロジェクト(Pancheswor project)である。

プロジェクトは、8年以内に構築されることを意図した。しかしそれが署名して以来の17年さえ、詳細なプロジェクト報告はまだ準備されていない。

「私たちがパンチェスウォー・プロジェクトが前方に移動させることを期待するナレンドラ・モディ首相の訪問とアルンIIIの構築中に、プロジェクト[パイプラインにおいて長い別の主な水力電力プロジェクト]も提案されているかもしれません。」
「しかし、インドの支援を備えたこれらのプロジェクトを構築するアジェンダは、私たちが訪問の間に署名するインドに水力電気を売ることについての合意と全く別になっているに違いありません。」
「2つのものを調合する瞬間、それは論争の的になっているように、ネパールがインドにその水力電力を開発させる名前の中で、その水を失っているかもしれないという不安を作成します。それは、なぜインドの最近の提案が論争を生成したかだった。それで、私たちは、それに明らかでいてくれるように政府に依頼しました。」とビヒム・ラワルが言った。

水が無くなったら、水力発電どころではない。
いかにも、インドとネパールの問題である。

職員は、インドがナレンドラ・モディ首相の訪問より先にネパールへ新しいパワー貿易提案を送ったと言う。

しかし、エキスパートは、水資源の開発は、主な挑戦が2カ国の優先事項間のバランスを見つけるだろうと考えている。

ネパールは、電気の国内消費と輸出収入の両方のための水力電力生成をとても必要としている。

豊富な水資源にもかかわらず、その水力電気の可能性の1%さえが軽く打たれていないので、国内は停電で苦しんでいる。

デリーにはその間に、他の水関連の優先事項がある。

インドの政府関係者は、主な利益が洪水調節と潅漑だったと長い間言った。
また、ネパールがそれらにどんな水力電気も与えることができたなら、それはボーナスになるだろう。

インドはさらに主な水不足を持っている。
自然管理委員会(Nature Conservancy)による最近の報告書は、世界の20の最多の水に強調された都市のうちの5つがインドにあることを示している。
また、首都デリー(Delhi,)はリスト上で2番目である。

衛星画像は、インドの地下水テーブルが危く低レベルに消耗したことを示した。

エキスパートはこれをすべて与えられて、言う、インドの主な興味はネパールの水力電力野心と異なり、水道設備を安全にしている。

彼らは、ここ数年起こっていないものとして、そこに中間の2カ国の異なる必要がそれらの間の妥協にならなければならないだろうと考えている。

したがって、それは今変わることができるかである。

すべての目は新しい外交のナレンドラ・モディ首相および彼の約束の上にある。

どうもネパールとインドでは、基本的な考え方に大きな隔たりがあり、また話そうとしている相手は、インドで大きな問題になっているゲリラのネパール分派である。

解決は、かなり厳しい。

しかし、今やらなければ永久にできないことだろう。

2014-03-20---「巨大ダム」、ブラマプートラの戦い!
2010-07-19---インドの成功で、聖なる川はどう死んだか。

Related Dates