2014年08月01日

最後の「ピットマンの画家」が死去した。

人物

BBC Newsは2014年08月02日に、日常生活の彼の絵画で知られていた最後の「ピットマンの画家(Pitman painters)」ノーマン・コーニシュ(Norman Cornish)は、94歳で死去したと報告した。

ダーラム郡スペニーモール(Spennymoor, County Durham)のノーマン・コーニシュは、スペニーモール・セトルメントにあったピットマンのピットマン・アカデミー(Pitman's Academy at The Spennymoor Settlement)の最後の生き残る芸術家だった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

そのセトルメントは芸術に採鉱家族アクセス権を与えて、1930年にセット・アップされた。
また、ノーマン・コーニシュはその最も有名な学生のうちの1人だった。

彼の義理の息子マイク・ソーントン(Mike Thornton)は、彼が2014年08月01日金曜日に死去したと言った。

そのセトルメントは、そのクラブが作家シッド・チャップリン(Sid Chaplin)と芸術家トム・マックギネス(Tom McGuinness)のような人々の才能を育成したので、ピットマン・アカデミー(Pitman's Academy)として知られるようになった。

47歳で芸術家としての経歴を作り上げる前に鉱山でノーマン・コーニシュは33年間働いていた。

2011年のBBCとのインタビューでは、彼は、絵画が「引っ掻かなければならない渇望」に似ていて、彼がまだ毎日描いていた、と言った。

彼の仕事は、ヘッドスカーフに女性を含み、フラット線端、魚およびチップ・バンに男性と馬に引かせた荷車を含む通常の生命の鮮明なノスタルジアの絵画を含んでいた。

他の場面は、通りでスキップするパブと子どものドミノをする人を含んでいた。

絵画はそれぞれ何千枚も売った。

彼のWebサイトについてのステートメントは、:
「私たちが94歳で、8月の1日の夜に平穏に他界した有名な芸術家ノーマン・コーニシュの死を発表するのは深い悲嘆でです。」
「悔やみの本は8月5日からのノーサンブリア大学ギャラリーで利用可能になります。」

父親は仕事が不足していた9人の子どもの中で最年長のコーニシュは、彼が14歳のときに鉱山の中で取り組み始める以外に選択の余地を持っていなかったと言った。

彼はすぐにスペニーモール・セツルメント、芸術クラスを実行し、彼がヴァン・ゴッホ(Van Gogh)、トゥルーズ・ロートレック(Toulouse Lautrec)およびルノワール(Renoir)に関して学習することができる図書館があった文化的ベンチャーに参加した。

元鉱夫で北東芸術家の話は、ビリー・エリオットの作家リー・ホール(Billy Elliot writer Lee Hall)によって、炭坑夫ペインターの演劇に変えられた。

その演劇は、ノーサンバーランドのアシントン(Ashington, Northumberland)の鉱夫グループに注目した。
この人は1930年代に芸術授業料を求めた後に評判の高い画家になった。

2007年にニューカースル(Newcastle)でオープンした後に、炭坑夫ペインターはロンドン、とブロードウェーのナショナル・シアターで公演され成功した。

サウスシールズに対する税関信用の最高経営責任者レイ・スペンサー(Ray Spencer, chief executive of the Customs House Trust in South Shields)はTwitter上で敬意をもらし、描いた世界コーニシュが「もはや存在していない。」と言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト