on-the-time.jp

2014年08月01日

中国の新型のICBMは、米国を射程に収める。

戦争と平和

AFPは2014年08月02日に、中国の国営英字紙環球時報(Global Times)は2014年08月01日に、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の存在が明らかになったと報じた。
複数の核弾頭を搭載可能で、米国を射程に収めると言っていると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

同紙によると、陝西(Shaanxi)省にある政府の環境観測センターがウェブサイト上に、同省にある軍の施設が弾道ミサイル「東風41(Dongfeng-41/DF-41)」を開発中だとする文章を掲載した。

「ジェーン戦略兵器システム年鑑(Jane's Strategic Weapon Systems/ジェーン年鑑)」によると、東風41は射程距離が世界最長水準の1万2000kmになるよう設計されている。

米国防総省は2014年06月に発表した報告書で東風41について、「装備した複数の核弾頭がそれぞれ個別の目標を狙うことができる多目標弾頭(Multiple Independent Reentry Vehicle、MIRV)を搭載できる能力を有する可能性がある。」と指摘していた。

中国の軍事力については不明な点が非常に多く、環球時報によると、軍当局はこれまでこのミサイルの存在を認めていなかった。

環境観測センターのホームページ上の文章は1日までに削除されたとみられるが、環球時報のウェブサイトにはその後も同センターのサイトのスクリーンショットが掲載されていた。

Global Timesでも画像は消されていたが、一旦公開されると、どこかに残っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。