2014-07-25

世界で売っているくだらない記念品トップ15。

観光

それは、任意の旅行の主要部分に必ずあると、CNNが報告した。

しかし、私たちのほとんど誰も、どれも買わないのに、そんな記念品は結果として売れている。

旅行経験の愉快な部分である代わりに、それはしばしば義務的なヒットになりすぎる。

計画不足の記念品購入用の世界景気は千鳥足である。

2013年に、旅行者は、こんなくだらない記念品に合計でUS$23億費やした。

それは購入に続いて無視され、未使用で、真価を認められないまま、使われないで、再び見られないまま廃棄された。

より悪い旅行者は、無意味な安っぽい装飾、小間物、ちゃちな飾り物、安ぴか物およびほこり集金人の購入にやきもきして、4億2700万時間を浪費した。

そう言えば、昔、エンパイヤステートビルにはじめて昇ったとき、最上階でエンパイヤステートビルのキーホルダーを買いかけたが、Made in Japanであった。
今ならきっと、Made in China

手元に、Made in USAの8インチ40SCハードディスクがある。
このハードディスクにOSがイニシャライズされ、出荷された。

さらに、Assembled in USAの100-240V-50-60Hz0.25A maxのAppleCD 150のCDドライブがある。
最初にパソコン用CDドライブである。

これも、初期アップルの記念品。今はもう、誰も買わない。

Travelers stick family and friends with untold zillions of worthless or gratuitous gifts each year, but almost nothing good ever gets done at the last minute. The first rule of souvenir shopping?
No buying gifts at the airport. Ever.
No plush or inflatable gifts for anyone over three years old. You're better than that.
No leftover foreign coins as "souvenirs" or collectibles. This is worse than giving nothing, because it shows how lazy you are.
No athletic jerseys, caps or visors. Especially visors. And Beckham. And Messi.
No exotic alcohol. Funky label or not, that local rotgut is a hoot when you're in country, undrinkable everywhere else.
No Eiffel Towers, Statues of Liberties, Mt. Rushmores, Taj Mahals, Aussie koalas, Chairman Maos or anything that would fit perfectly in the back of a closet or bottom of a drawer.
No key chains, coasters, mugs or plates. And, whatever you do, no double-whammy Eiffel Tower key chains.
No more little bags of rock, black, sea or flavored salt. The whole designer salt thing is done.
No bottles filled with sand, coral bits, shells or pebbles.
No items that require assembly, watering, sunlight, maintenance, lubrication or refrigeration. Or excessive explanation.
No "I (heart)" anything. Even if you do.
No books. We believe you, it was an amaaaaaazing art exhibit. We just don't have 37 hours to spend reading about it.
No traditional ethnic clothing for non-ethnics.
No items you wouldn't want to get or wouldn't proudly display in your own home.
No plastic leis.

2011-08-21---パリのお土産屋の暴動で、警察と激突!

Related Dates