on-the-time.jp

2014-07-23

最新研究;ヨルダンの雇用は難民危機への答えである。

戦争と平和未来モバイル・マネー

BBC Newsは、ヨルダンにおける実際の危機は、イスラム過激派の脅威ではない、とthe Atlanticのアリス・ス−(Alice Su)が書いたと報告した。

それは国の増加しつづける難民数である。

[AD] You can advertise on this site.

「人道主義の展望から、難民危機は存続のうちの1つである。」
「人間の展望から、それは目的のうちの1つでである。」と彼女が言った。

「しかし、キャンプから、都市へこぼれて、即時の軽減が長期的な維持へ変形する場合、何が起こりますか?」

難民キャンプからの資源に依存するのではなく、難民に雇用を提供すること、それらが自活し、かつそれらの家族のを支援するだろう、とSuが書いている。

ヨルダンが恐らくそれをしないと彼女は主張している。
「大部分は王国が生き残るので、国際的、それへの資金提供から、難民の接待のために受け取ります。」と言っている。

そろそろ、ヨルダン難民に、新しい雇用を創り出す企業の進出が必要になっている。

こんなことは、現場でないと誰も気が付かない。
金さえ恵んでいれば、平和が来るなどと考えている。

実は、難民の中にはものすごい技術者がいることを忘れている。
彼らの中には、アラブで一番の鍛冶屋が多くいる。
ダマスカス・ナイフの鍛冶屋である。
また、アイスクリーム屋もものすごく旨い。
アラブ・ファッションでも有名である。

彼らの才能を絶やさない産業を難民キャンプで復興させるべきである。
ヨルダンのアンマンで、ダマスカスのアイスクリーム屋をオープンすれば、王様だって食いに来る!
できれば、世界中にダマスカスのアイスクリーム屋をオープンさせるべきである。

ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ベルリン、チューリッヒ、もちろん東京や北京、ソウルでも、そんな支援は、文化国家の日本がすべきである。

安いものである。六本木、渋谷、心斎橋でダマスカスのアイスクリーム屋をオープンさせるべきである。

ダマスカス・ナイフ、日本でも売っているが、その価格を聞いて腰を抜かすことだろう。

国連職員は、こんな簡単なことも知らない。

何が文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)と言うことかを判っていないようである。

モバイル・マネーのおかげで.世界中から簡単に送金できるようになっている。

2014-06-13---すぐにあなたの近くで動力を供給するかもしれない金属「バナジウム」
2013-12-28---キャメロン、クレッグおよびミリバンドはシリア訴えのために団結。
2013-10-01---化学兵器エキスパートは、シリアの国境を渡った。
2013-06-22---戦場のアイスクリーム!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.