2014年07月23日

最新研究;無学な消費者ほど、有名ブランドに金銭を浪費します。

経済

BBC Newsは、What in the world?Pieces of global opinionで、ハーバード行動経済学教授カス・サンシュタイン教授(Harvard behavioral economics Prof Cass Sunstein)は、最近の研究がそれを示すと言い「より情報を持っていればいるほど、あなたは多分、より店ブランドを選ぶことになっています。」と書いている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

チルブルグ大学教授バート・ブローネンバーグ(Tilburg University Prof Bart Bronnenberg)は、消費者の職業と購入されたアイテムと一致して、2004年から2011年の7700万を超える買い物旅行をする人からのデータを分析した。

例えば、薬剤師は、ナショナル・ブランド上の頭痛薬のストア・ブランドを選ぶ可能性があった。
また、非シェフと比較して、シェフは、しばしば塩と砂糖で非有名ブランドを選択した。

大学程度の教養のない消費者は、ナショナル・ブランドを購入する可能性がありそうだった。

「もし消費者がみな適切な情報を与えられていれば、それでは、消費市場は非常に異なっているように見えるでしょう。」と、貧弱な選択が多くの場合宛名がないバイアスの製品である(poor choices are often the product of unaddressed biases)と主張する2008年の本を共同で書いたカス・サンシュタイン教授が言ったUS。

その報告書で、ナショナル・ブランドの代わりにノーブランド商品にくっつくことによって、消費者が$440億(£260億)と同じくらいの浪費を減らすことができることが分かった。

「それらのお金を浪費した最も有望なものであるのは最も事情に通じていない消費者です。」
「不運にも、それらのうちの多数は、浪費するべき金銭をほとんど持っていません」と、2009年から2012年まで、情報および規定する事務のホワイトハウス事務局の行政官(dministrator of the White House Office of Information and Regulatory Affairs from 2009 to 2012)を務めたカス・サンシュタイン教授が言った。

「1つの含意は明らかです。店は、人々がそれらの潜在的な貯蓄を認識するのを助けるために非常にもっと行っているべきです。」
「顕著に、より若い世代にはさらに非有名ブランドへ感謝します。」
「最近の研究は、高額の商標を誇示するために必要とされる多額のお金を使う千年祭はほとんどないことを示します。」
「千年至福の定義、涼しい、高域と関連しない。」
「これは多くの販売業者が逃す激しく重要な区別です。」と、フォーブズのためにジェフ・フロム(Jeff Fromm for Forbes)に手紙を書いた。

そう言えば、味覚音痴ほど、判断基準がないので、有名ブランドのお菓子や高価なものを買いたがるのかもしれない。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告