2014年07月23日

最新研究;無学な消費者ほど、有名ブランドに金銭を浪費します。

経済

BBC Newsは、What in the world?Pieces of global opinionで、ハーバード行動経済学教授カス・サンシュタイン教授(Harvard behavioral economics Prof Cass Sunstein)は、最近の研究がそれを示すと言い「より情報を持っていればいるほど、あなたは多分、より店ブランドを選ぶことになっています。」と書いている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

チルブルグ大学教授バート・ブローネンバーグ(Tilburg University Prof Bart Bronnenberg)は、消費者の職業と購入されたアイテムと一致して、2004年から2011年の7700万を超える買い物旅行をする人からのデータを分析した。

例えば、薬剤師は、ナショナル・ブランド上の頭痛薬のストア・ブランドを選ぶ可能性があった。
また、非シェフと比較して、シェフは、しばしば塩と砂糖で非有名ブランドを選択した。

大学程度の教養のない消費者は、ナショナル・ブランドを購入する可能性がありそうだった。

「もし消費者がみな適切な情報を与えられていれば、それでは、消費市場は非常に異なっているように見えるでしょう。」と、貧弱な選択が多くの場合宛名がないバイアスの製品である(poor choices are often the product of unaddressed biases)と主張する2008年の本を共同で書いたカス・サンシュタイン教授が言ったUS。

その報告書で、ナショナル・ブランドの代わりにノーブランド商品にくっつくことによって、消費者が$440億(£260億)と同じくらいの浪費を減らすことができることが分かった。

「それらのお金を浪費した最も有望なものであるのは最も事情に通じていない消費者です。」
「不運にも、それらのうちの多数は、浪費するべき金銭をほとんど持っていません」と、2009年から2012年まで、情報および規定する事務のホワイトハウス事務局の行政官(dministrator of the White House Office of Information and Regulatory Affairs from 2009 to 2012)を務めたカス・サンシュタイン教授が言った。

「1つの含意は明らかです。店は、人々がそれらの潜在的な貯蓄を認識するのを助けるために非常にもっと行っているべきです。」
「顕著に、より若い世代にはさらに非有名ブランドへ感謝します。」
「最近の研究は、高額の商標を誇示するために必要とされる多額のお金を使う千年祭はほとんどないことを示します。」
「千年至福の定義、涼しい、高域と関連しない。」
「これは多くの販売業者が逃す激しく重要な区別です。」と、フォーブズのためにジェフ・フロム(Jeff Fromm for Forbes)に手紙を書いた。

そう言えば、味覚音痴ほど、判断基準がないので、有名ブランドのお菓子や高価なものを買いたがるのかもしれない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。