2014-07-25

ビザはLoopPayの「compelling technology」を支持。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ビザは、商人が新しいハードウェアに極度に投資する必要なしに、モバイル決済を受理することを可能にする個人所有の米国の会社LoopPayに、明らかにされていない金額を投資したと報告した。

LoopPayのCEOウィル・グレイロン(Will Graylin, CEO of LoopPay)は、「パートナーと投資者としてビザを持って、我々はうきうきする。」
「我々は、それら、カード会社およびデバイスOEMを含む他のパートナーで世界がモバイルペンイメントに近づくとともに消費者と商人ののための最良の可能な通商経験を提供するために働くことを楽しみにする。」と言った。

ビザの革新と戦略的パートナーシップのSVPジム・マッカーシー(Jim McCarthy, Visa’s SVP of innovation and strategic partnerships)は、LoopPayが「人を動かさずにはおかない技術(compelling technology)」を開発したと言った。

LoopPayは、商人によって要求されるハードウェア変更のないすべての種類のモバイル・デバイスから非接触ペイメントを受け取るど、レバレッジの既存のPOSシステムのインフラストラクチャー特許技術MST(Magnetic Secure Transmission/磁気安全な送信)を発明した。

MSTは、登録会員データを格納し、送信するために磁気縞に対する信頼を縮小することを目標とし、その代り、スマートフォンを含む様々な装置に埋め込まれているかもしれない小さな低コストの誘導のループによって既存のPOS端末へのデータを格納し、送信するために安全なチップを使用する。

ビザの投資は、1つより大きな部分である。LoopPayには、以前はGEキャピタルの個人金融Synchronyファイナンシャルが今月の初めに発表した円形の戦略の資金調達、、およびまだ指名されない他の戦略的なパートナーを含んでいる。