2014-07-25

EEはロンドン輸送までモバイルペンイメントを延長。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、イギリスで最大の携帯電話会社EEは、タップ・アプリ上のキャッシュ・ユーザーがまもなくロンドン輸送中の支払をすることができるだろうと言った。

TfL(Transport for London/ロンドンのための輸送)は2014年09月16日に非接触ペイメントを始める予定である。

それは、その後、アプリを装備したEE顧客(EE customers)がDLR(Docklands Light Railway/ドッグランド・ライト・レイルウェイ)、首都の地上ネットワークおよびロンドン地下鉄(London’s tube)の上で非接触ペイメントができるだろうということを意味する。

タップ中の現金はマスターカードと提携して開発されており、Google Play出無料で利用可能である。

EEは、タップ中のキャッシュが専用で、ロンドンで現在使用される非接触カード「Oyster」より便利になると言った。

そこで心配するもう1枚の少ないカードであるだけではなく、しかし、EEは、顧客がハンドバックか財布に1枚を超える非接触カードを持っていれば、ゲートが開かないかもしれないことを指摘した。

「モバイル非接触支払いが提示する単純性、便宜およびセキュリティからのますます多くの人々利益として、何日もの物理的な財布が速く拡大することは急速に明らかになっています。」と強気のEEのCMOゲリー・マッカード(Gerry McQuade, EE’s CMO)が言った。

年末前に、EEはタップ中のキャッシュが500,000人以上の顧客の送受話器と互換性をもつだろうと言った。

支援されたアンドロイド・デバイスはSamsung Galaxy S5、HTC 1およびソニーXperia Z2を含んでいる。

EEカスタマーは、既にマークス&スペンサー(Marks & Spencer)、マクドナルド(McDonald’s)、カフェ・ネロ(Cafè Nero)、プレタ・マンジェ(Pret A Manger)およびグレッグ(Greggs)を含む国中で300,000軒を超える店の中での支払いで携帯電話を使用することができる。

急拡大しているイギリスのモバイルペンイメントが、さらに急拡大する。
しかし、その内容はクレジットカードやデビットカードが携帯電話に搭載され、非接触支払いが可能になっただけで、革新にはほど遠い。