gaYa広告

7月26日

ボディーペインティングの日

アート美容と医学の科学性とメディア

AFPは2014年07月27日に、ニューヨーク(New York)市内マンハッタン地区の円形広場「コロンバスサークル(Columbus Circle)」で26日にボディーペインティングの祭典が行われ、全国各地から集まったアーティスト25人余りが約30人のモデルの身体に独創的な絵を施したと報告した。

ただし、nola.comによれば、マンハッタンの芸術家は、セントラル・パークのコロンブス・サークル入口を人間の形式のアウトドア祝賀に変えて、土曜日に40人のヌード・モデルにボディーペインティングしたと報告している。

芸術家アンディー・ゴラブ(Andy Golub)は、ニューヨークがボディーペインティングの日(Bodypainting Day)を許可するただ一つの都市であると言った。
また、彼は、それが単に法廷闘争の後に起こったと言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ゴラブとモデルはタイムズスクエアでボディーペインティング・プロジェクトで、2011年に逮捕された。
彼女が逮捕に関して訴えた後、都市はモデル、ゾーイ・ウェスト(Zoe West)にUD$15,000の和解を払った。
それが実行、展示あるいはショーの一部である場合、公の裸は都市において有効である。
土曜日のゴラブのイベントは含んでいました1つの、ポスト描くこと、写真撮影のためにタイムズスクエアに向かってブロードウェーとリターンを下って行進した。

2012-09-04---ニューヨーク市は、不法逮捕でヌード・モデルにUS$15,000を払った!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。