2014-07-25

NASAのWebb Sunshieldはテストまで積み重ねた。

宇宙

NASAは、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope)上のSunshieldは、正確な許容差への宇宙で頼もしく開くに違いない薄膜の観測所-5層の大部分をエンジニアは、先週、初めて、Sunshieldの標準サイズのテスト単位を積み重ねて開いたと報告した。

また、それは完全に作動したと言っている。

Sunshieldはおよそテニスコートの長さで、発射の間にウェッブの望遠鏡の鏡および道具のまわりの傘のようにきちんとたたまれる。
一旦それがその軌道に到着すれば、ウェッブの望遠鏡は広げるべき地球から、コマンドを受け取り、そのたこ状の形を備えたそれらの正確に積み重ねられた配置にSunshieldの5つの層を分けることになっている。
Sunshieldテスト単位は、カリフォルニア州レドンドビーチにあるノースロップ・グラマンの設備(the Northrop Grumman facility in Redondo Beach, California)中のクリーン・ルームで積み重ねられ拡張した。
日光が敏感な赤外線道具に邪魔をすることから閉鎖される場合、Sunshieldは暖かい太陽に面するサイドおよび寒いサイドに観測所を分ける。
赤外線道具は操作するために、寒さ(50未満あるいは-370のKカ氏温度)にしておかれる必要がある。
Sunshieldは、サンタンローション(suntan lotion)には一般に8-50のSPFがあり、1,000,000の有効なSPF値かSPFを備えたこれらの感知装置を保護する。
寒い環境の提供に加えて、Sunshieldは熱により安定環境を提供する。
この安定は、望遠鏡が太陽にそのオリエンテーションを変更するとともに、主鏡セグメントの適切な整列を維持することにとって必要になる。
ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はNASAのハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の後継者である。
それは今まで構築された最も強力な宇宙望遠鏡になる。
ウェッブは、そのパートナー、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)およびCSA(Canadian Space Agency/カナダ宇宙機関)のNASA率いる国際的なプロジェクトである。

何年も続けられているプロジェクトであり、失敗すると、大変なことになる。
日本人は.こんなプロジェクトを計画できないだろう。

2014-04-02---ジェームズ・ウェッブ望遠鏡に、最後の近赤外線分光写像機がインストールされた。
2013-12-16---ウェッブ宇宙望遠鏡テストのスポットライト。
2013-10-23---最も遠い新しい銀河が発見された。
2013-07-09---ESAは、アリアン6の基本設計を選択。
2013-03-10---原寸大のジェームズ・ウェッブ望遠鏡モデルが登場!
2012-09-19---ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の輸送用パッケージング終了!
2012-09-19---NASAの宇宙望遠鏡は、「暗黒時代」の超離れた銀河をひそかに調査。
2012-09-19---ウェッブ宇宙望望遠鏡の飛行鏡のうちの1つをチェック。
2012-05-29---NASAに届いたジェームズ・ウェッブ望遠鏡に乗って飛ぶ最初の飛行計器。
2012-04-30---ウェッブ望遠鏡のテスト風景。
2012-04-24---NASAのWebb宇宙望遠鏡のフライト・バックプレーン部分が完成!
2011-09-13---ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミラー・コーティングを完了!
2011-08-22---ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の開発費US$87億!
2011-06-30---ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の鏡面研磨を完成!
2011-04-14---NASAの次世代宇宙望遠鏡。
2011-03-03---GAOによる、NASAの巨大プロジェクト査定。
2010-07-27---ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の極低温のテスト。
2007-01-07---ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のペーパー・クラフトを公開。
2005-08-26---どうなる?ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡!