2014-07-25

ブライアン・ミハエル・ベンディスのコミック・プロになるための技術。

アート人物

ワシントンポスト(Washington Post)は、COMIC-CON 2014として、出版社のランダムハウス(Random House)は、コミックを書く方法に関する本の作成に、彼が興味を持っていたかどうか確かめるためにアイズナー受賞作家ブライアン・マイケル・ベンディス(Brian Michael Bendis)に達し、ブライアン・マイケル・ベンディスは、それをしなければならないことを知っていたと報告した。

ップ、マーヴェル・タイトルのうちのいくつかを書くことで知られていた-「Powers」とそして「マーダー社のアメリカ(The United States of Murder Inc.)」のような創造者に所有されたタイトルでブライアン・マイケル・ベンディスは、彼が出版者によって接近された時、ポートランド州立大学(Portland State University)で長編漫画を書く方法上のクラスを既に教えていた。したがって、コミックを作ることについて本を組み立てることは自然に見えた。

コミック産業また、彼の使用中のコミックを書く協議事項表中の時間を刻んで作った貢献のため、他のトップのタレントのうちのいくらかでブライアン・マイケル・ベンディスがプロの知識を注ぎ込んだ「Words for Pictures: The Art and Business of Writing Comics and Graphic Novels,」は、今週棚とバーチャル・ショップを打った。

サンディエゴで開催されたSan Diego Comic-Conで、今週末、マーヴェル・ブースでの時間を含んでいたブライアン・マイケル・ベンディスは、「私がより若かった時、プレインターネット時代、その情報を見つけることは、考古学者でなければなりませんでした。」と言っている。

「したがって、私は[この本を書く]こと、2、3時間の睡眠時間を失いました。それはOKです。私は本を非常に誇りにしています。
また、私は何でもを非常に例外的に誇りにしています。したがって、それはすべて努力の価値がありました。」

ブライアン・マイケル・ベンディスは、「絵のための言葉」を彼が求めた本にすることを彼が戦いだったと言いったが、彼が賛成論からの先端に貪欲の若い作家だった時、見つけられなかった。

「これは望むものを作る好例で、存在した。」ブライアン・マイケル・ベンディスは、ポストがコミックのリフであると伝えた。

「これは20歳だった時、私が望んだ本です。[これらはそうである]正確に、私がしていたであろう質問、そして[本の内に]私が知っている最良の人々からの答えがあります。」

ブライアン・マイケル・ベンディスのソーシャルメディア・アカウントは、手引き情報に対する強い欲求と話をしている。

TumblrとTwitterのアカウントを通じて、彼は彼がどのように話を作るか知りたいファンから多くの質問を受け取った。

ブライアン・マイケル・ベンディスは、「絵のための言葉」に作用する間に直接に答えるほうが難しかったと言った。

「何人かの人々は私のところに来る、精巧な質問で、いくらか、文字通りに、[答え]に20ページの本を供したので、私は適切に答えることができません、そのようにして、質問を複雑にした。」と、ブライアン・マイケル・ベンディスはUncanny X-Men、New Avengers、Guardians of the Galaxyで言った。

「Words for Pictures」が今利用可能なので、ブライアン・マイケル・ベンディスのは短くbit.lyに増強されたように今後永久に答えることを期待している。

2014-07-25---東映京都スタジオ・パークには、侍、忍者、パワー・レンジャーが出没!?
2014-07-21---日本の旅行代理店は、サムライと忍者の戦いを備えた。
2014-06-25---スーパースター・チームは「スーパーマン」を雇った。
2014-05-07---ディズニー・アニメーション・マジックの12の基本原理。