2014-07-25

キエフ大聖堂は祈願とガイダンスAppを立ち上げた。

BBC Newsは、ウクライナの首都キエフの大聖堂がそれ自身の祈願Appを始めた後、霊的指針を捜す正統キリスト教徒のウクライナ人(Orthodox Christian Ukrainians)はスマートフォンより外観をそれ以上必要としなかったと報告した。

キエフ大学歴史学生Volodymyr ShemarovがWebサイトV Gorodeで報告した内容によれば、都市のTroyeshchyna地区のSvyato-Troyitskyy(聖三位一体)大聖堂は、公式にiPhoneアプリを支持した。

これが、21年来の発言権である前のソ連の状態で、任意の教会用として、最初のモバイル・プラットフォームであった。

彼が、「若い人々は、彼らのコンピューターに座り、ソーシャル・ネットワークを訪れることを好んで、めったに教会へ行きません」と言った。

「私は、モバイルの技術を教会に統合することによりそれらの興味をなんとかして刺激したい。」
アプリはあなたにチェック・サービス・タイムと同様に「祈り、内部の平和を求めて、助言を聖職者に求めるために仮想教会に入らせます。」

聖職者は彼ら自身積極的にアプリを促進しており、さらに教会で礼拝中にそれに関する発表を行なった。

Volodymyr Shemarovは、彼がアプリケーションをデザインすることを望むとインタファックス通信に伝え、そのために、信仰者を助けるために可能なものとして、さらに多くの教会がモバイルの技術によって通信するとして、アプリストアーのMacDiggerは言った。