2014-07-25

ワールドカップの後、何人かは、ブラジルから帰宅しない。

スポーツファッション観光政治経済性とメディア

AP通信は、ダウンタウンの無料食堂で並んで立っていたルーカス・バゼン・ポントン(Lucas Bazan Pontoni)は、45セントの昼食料金のために彼のポケットを物色した。

ブラジルは、かなり住みやすそうである。
ワールドカップで、世界中の若い貧乏人が、住み付き始めてしまった。

ブラジル中が、世界中の若い乞食の集合場所に変わってしまった。

ワールドカップのためにブラジルに殺到した約160,000人のアルゼンチン人のうちの1人たルーカス・バゼン・ポントンは、1か月続くトーナメント中にブラジルでUS$30億のまわりで落ちた財力のある外国人のイメージにほとんど適合しない。

23歳の俳優は無一文である。
また、彼には、ドイツが7月13日の決勝でアルゼンチンに勝ったほとんど2週間後家へ返る早急な計画があった。

「ブラジルは驚くべきです。また、私はとどまりたい」と、リオののSambadromeカーニバルの広場でキャンプをしていたルーカス・バゼン・ポントンが、無料食堂で昼食を食べて、ブラジル北部を見るバス代をカバーするために臨時仕事を探して言った。

「週か数か月でありえたかあるいはより長くなりえました。私は、生活と道がどこへ私を連れて行くか確かめるつもりです。」
地元マスコミ報告書は、何万ものアルゼンチンのファンが国で残ると述べている。

それらは、圧倒的に若い男性に見える。
大部分は20代にある。
また、それらの3分の1未満は女性である。

何人のアルゼンチン人がまだここにいるかの確認を求めるリクエストをブラジルの連邦警察に電子メールし、電話をかけるたが、答えなかった。

しかし、手仕事を売るか、ハンドアウトのための交差で欺くか、貧しいブラジル人のための政府社会サービスに依存する多くの外国人の見通しは審判を心配させている。

ブラジルのかつてのギャングバスター経済は近年減速したが、状況は危機に破壊されたアルゼンチンのそれよりはるかによい。
それにはドル不足および世界で最も高いインフレ率のうちの1つがある。

リオの観光旅行促進機関を率いアントニオ・ペドロ・フィグエリア・デ・メロー(Antonio Pedro Figueira de Mello)は、ブラジルのその南の隣人との1,260キロメーター(780マイル)の地上国境に沿ったコントロールがトーナメント中に緩すぎたかもしれないと認めた。

アルゼンチン人の流入によって「私たちは不意を襲われた。」
「世界の任意の場所に、人々は、彼らがどこに行くか、彼らがどれだけの時間とどまっているか、それらにどの資源があるか、また、それらに健康保険があるか述べなければなりません。それは終わりませんでした。」と、リオの新聞O Globoはアントニオ・ペドロ・フィグエリア・デ・メローの発言として引用した。

アルゼンチン人はブラジルを訪れるためにはビザ、どころかパスポートを必要としない。

政府身分証明書だけで入国が許される。

メローはSambadromeで話しました。
それはワールドカップ中に自動車、バスおよびモーターホームで到着したアルゼンチン人の波を提供するのを支援するために間に合わせのキャンプ場に変えられた。

サイトは先週閉鎖した。
また、最後のキャンパーが立ち退かせられた。

メディア報道は、その金銭が尽きたか、そのドキュメントが失われたか、盗まれた人々のためのリターン輸送を組織するのを支援するために、アルゼンチンの領事館員がそこにいると述べた。
しかし、伝えられるところによれば、多数がそのような支援に興味を持たなかった。

落伍者は、海岸の公共用水泉かアウトドアのにわか雨で希に入浴して、ほとんどみすぼらしいズボン下、Tシャツおよびフリップ・フロップの服を着ている。

リオに暖かい衣服の必要ない。
ここで温度は、現在摂氏28度である。

アルゼンチンはブラジルで残ることに余念がないただ一つのワールドカップ・ファンではなかった。

先週、リオ・グランデ・ド・スルの南部州の警察は、それらのナショナル・チームに続くために観光ビザ上で中へ入った後に、収容所を西アフリカのガーナの国家の数百のファンが申請したと言った。

ブラジルは適用を研究している。

ビザ必要条件なしで、アルゼンチンをコントロールすることは、はるかにより困難であると分かるかもしれない。

Sambadrome、ルーカス・バゼン・ポントンと彼の同国人の10人程度からのそれらの追い立てに続くことは、近くの公園へ移動した。
ここでそれらは特大のバックパックを備えた草の上でぶらぶら歩きまわる。

それらは友情腕輪を結び、海岸上でタカ狩りをするために他の手仕事を準備した。

「私は、戻っていないと思います。」
「私はワールドカップのために来ました。しかし、今、私は、私はここに永久にいると思います。」と、ルーカス・バゼン・ポントンの友人で、25歳のマーティン・シチェロ(Martin Sichero,)が言った。