2014-07-25

ワシントンポストのレポーターと妻、イランで拘束。

自然観光宗教音楽ファッション性とメディア

BBC Newsは、ワシントンポスト(Washington Post)のためのアメリカのリポーターと彼の妻はテヘランで拘留された、ということをイラン政府関係者が確認したと報告した。

38歳の2重のイラン-米国市民ジェーソン・レザイアン(Jason Rezaian)、彼のイラン人妻イェガーネ・サーレヒー(Iranian wife Yeganeh Salehi)は火曜の夜に保護された、と新聞が述べた。

2人のフリーランス写真家は、さらに米国の市民権も保持していた。

ジャーナリストが拘留と監視に面して、BBCを含む西側のニュース組織は、イランで活動するのに苦労している。

ワシントンポスト外信部長ダグラス・ジェール(Washington Post foreign editor Douglas Jehl)が声明で「私たちは、深くこのニュースに苦しみジェーソンの福祉を心配しています。イェガーネおよび他に2人はそれらで拘留されたと言いました。」と言った。

ジェーソン・レザイアンは2012年以来ポストのイラン特派員であった。

イェガーネ・サーレヒーは、アラブ首長国連邦に本拠がある英字新聞国民the Nationalのための特派員として働いていた。

彼らの拘留は、それらが尋問されていたが逮捕の理由を教えなかったイランの最高裁判所長官ゴルマホセイン・エスマイル(Gholamhossein Esmaili)によって確認された、とAFP通信社が報告した。

イランの当局は、西側のニュース組織で働くジャーナリストをしばしば拘留することで悩ます。
また、二重国籍を持ったアメリカ人は典型的な目標にされる。

イランのBBCのジャーナリストの家族は情報局によって疑問視された。
また、当局は、性的不品行あるいはイギリスのためにスパイ行為をすることを認めることをBBCの職員が意味する誤りのFacebookページのセット・アップにより、ロンドンのBBCペルシアのスタッフを怖がらせることを試みた。

昨年、イランは、親類がロンドンのBBCで働くのを止めなければならないと15人のBBCのペルシアのサービス・ジャーナリストの家族に警告した。
また、ある場合には、スタッフの生命が脅かされた。

2009年には、イラン・アメリカのリポーター、ロクサーナ・サベリ(Roxana Saberi)が1本のワインを購入した罪で逮捕された後に5カ月間保持された。

彼女は、BBC、および米国ラジオ放送網ナショナル・パブリック・ラジオのフリーランサーとして働いていた。

同じ年、AFPのためのリポーターは数日間保持された。

イランは、1970年代までパーレビ国王によって、かなり自由に生活できたことから、その後のギャップは多くの場所で問題になっている。

ただし、最近はかなり自由になったと聞いていたが---

2014-07-17---女性が一人で、オートバイでイランを旅する。
2014-06-17---イランのイギリス大使館再開計画がある。
2014-06-14---イラクの紛争に対応し、米国はGulfへ軍艦を送った。
2014-05-30---アップル製品は、イランで公式に初めて売り出される。
2014-02-18---長期的なイラン核取引に関するウィーン会談が始まった。
2014-01-12---イランと世界の強国は、核兵器プログラム開始取引に達した。
2013-11-23---ジュネーブのイラン核会談。
2013-08-17---イランの新しい大統領ハッサン・ルーハニは、スローガンなしの外交」を誓約。
2013-06-15---イランは選挙で、ハッサン・ルーハニを大統領に選出。
2012-11-19---イラン、紛争のシリアにガス・パイプライン建設を開始。
2011-12-06---米国は、イランに入るために「仮想大使館」を開設。
2011-11-30---Ofcomは、イランの英語版放送無効を撤回!
2011-11-29---イランのデモ隊が、テヘランのイギリス大使館を攻撃!
2011-11-27---イラン議会はイギリスとの外交関係を格下げ!
2011-09-19---イランは、BBCに関係した6人の独立系映画製作者を逮捕。
1981-01-20---テヘラン米国大使館全員解放。
1980-09-22---イラクがイランに侵入し、イラン・イラク戦争が勃発した。
1980-09-09---イラン・イラク戦争が勃発した。
1980-05-05---ロンドンのイラン大使館人質立てこもり事件がライブ放送された。
1979-11-04---学生がテヘランの米国大使館を襲撃した。
1979-01-16---イランのパーレビ国王、エジプトへ亡命。