2014-07-25

香港のマクドナルドもチキン・ナゲットの販売停止。

美容と医学の科学

BBC Newsは、ファースト・フード・チェーンのマクドナルド(McDonald's/麥當勞香港)は、香港でチキン・ナゲットおよび他のいくつかの製品の販売を保留にしたと報告した。

その申し立てによると、中国の会社「上海福喜食品(Shanghai Husi Food)」から、ファースト・フード会社への供給された古い鶏肉と豚肉を輸入したと言った。

地元マスコミ報告書がそれを要求した後、中国は、再処理された、肉を吐き出し、上海福喜食品のオペレーションを停止した。

持たれていたマクドナルドは、今週の初めに同じ問題に関して、日本のメニューからチキン・ナゲットを取り除いた。

それは、日本で売られたそのチキン・ナゲットの約20%が上海福喜食品から来たと水曜日に言った。

つまり、日本マクドナルドは、腐った肉を日本人に有料で売っていた。

マクドナルドは言われる、日本のほぼ500の店が、それらのメニューからのチキン・ナゲットを削除し、中国からタイの他のサプライヤーに変わり、その販売を加えることを実現し、その後に再開すると予想されたている。

マクドナルドは香港のその出口でそのMcSpicy鶏フィレ、鶏およびグリーンサラダを売ること、新鮮なトウモロコシ・カップおよび氷で冷やしたレモン茶をさらにやめた。

香港食品安全性調整機関がからの輸入品をすべて保留した後、その動きは起こった。

規制者は、既に上海福喜食品から香港へ輸入されたのどんな食品も中国の政府当局による進行中の調査の結果を保留にして、販売からマークされ、密閉され、禁止されるだろうと付け加えた。

その間に、ロイターの通信社は、それが今年、上海福喜食品から6月に昨年7月の間で品を輸入したとマクドナルドが言ったと伝えた。
しかし、上海サプライヤーからの食物アイテムはストックで残っていなかった。

つまり、腐った肉は、すでに香港の住人や観光などで訪れた人々の胃袋に入ってしまった。

「私たちは、今日まで、香港の法的規制の下の食品安全性標準にマクドナルドのレストランで売られたすべての食品が従うと繰り返します。」と会社が言った。

上海福喜食品は米国に基づいた食材メーカーOSIグループの中国のユニットである。

中国のその他の顧客は、KFC、コーヒー・チェーン、スターバックスおよびバーガーキングを所有したYumブランドを含んでいる。

日本人コンビニエンス・ストア・オペレーターであるファミリー・マート(FamilyMart)は、上海福喜食品から輸入された「ニンニク・ナゲット」が日本中でその10,000店舗のほぼすべてで売られたことをさらに認めた。

しかし、それぞれの会社で対応にばらつきがあり、一貫性がないので、信用はできない。
1日遅れるごとに、何人が腐った肉を食ったのか?

マクドナルドは香港の店でそのMcSpicy鶏フィレ、鶏およびグリーンサラダを売ること、新鮮なトウモロコシ・カップおよび氷で冷やしたレモン茶をさらにやめた。

日本では、まだ売られているものもある。まだ---

昔、韓国で野菜屑で作った餃子が発覚し、オーナーが自殺している。

2014-07-25---日本マクドナルド、中国製チキン販売中止!タイ製に切り替えた。
2014-07-22---中国の肉スキャンダルは、ファースト・フード内の埃を振り払う。
2014-07-20---上海の食肉工場で、マクドナルドやKFCに期限切れ肉納入か?