2014-07-25

日本人麻薬密売人、中国で死刑執行。

麻薬とメディア

ChinaDailyなどが、中国が北部の都市大連(Dalian)で、日本人麻薬密売人で、未確認の50歳の男性を朝早く処刑したと報告した。

この死刑は1972年から、日本人が中国で死刑になった5人目になると報告している。

報告によれば、その男性は別の日本人、と共謀し大連から日本へ麻薬を運ぼうとすることに対して有罪と立証されたと述べた。

しかし、その報告では、それがいつ起こったか、あるいは、それらが、どんな種類の麻薬を運んだかをさらに詳しく述べなかった。

大連の裁判所は2014年07月25日に、処刑のことを日本総領事館のスタッフに通知した。
また、中国の政府関係者は、死刑執行が金曜の朝であったことを日本に通知し、東京で外務大臣岸田文雄に示されたと日本の共同通信が報告している。

今月の初めに、日本政府は、北京の大使館を通して中国の政府当局へ詳細文の要請を出した。

その人は、木曜日に彼の親類に会うことを認められた。

中国では、ヘロインまたはクリスタル・メタンファタミンの50g以上の差し押えは、死刑に帰着するかもしれない。

それは、中国国民と外国人の両方に当てはまる。

カンボジア・ヘラルドは2014年07月25日に、50代の未確認の人は、2012年12月に死刑が宣告され、8月に上告を拒否された、とその機関が言ったと報告している。

2010年に4人が、大連とその近くの瀋陽市(Shenyang)で麻薬密売のために処刑された日本人市民の最初であった。
金曜の執行が2010年の場合と関係があったかどうかは、判っていなかった。

日本のメディアは、それを北朝鮮で生産された高品質のメタンフェタミンの売買にリンクしたと言っていると報告した。

このような場合、イギリス政府は、映画『ミッドナイトエクスプレス』で示されたように、その国家とネゴシエーションを実施し、本国の法律に則り、本国で裁判を実施できるようにしてきた。

中国は、死刑執行数を秘密にしている。

しかし、アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)および他の権利グループは、知らされた数より、それがより多くの人々を毎年処刑すると考えている。

人民日報は2010年04月09日に、3人の日本人が北東遼寧省で処刑されたことを報告している。

2013-09-24---ペルーで麻薬犯罪により捕まったイギリス人は、氷山の一角。
2013-08-17---ペルーの女性の麻薬逮捕で、スペインの警察はその犯罪を否定!
2013-08-16---中国は,死刑囚から、臓器を取り出すことを段階的に止める。
2013-07-16---ベトナムはヘロインの販売で、5人に死刑を言い渡した。
2013-02-21---日本は3人の死刑を執行した。
2013-01-22---インドネシアの法廷は、56歳のイギリス人女性に死刑を宣告。
2012-12-22---台湾は今年初めて、6人の死刑を執行!
2012-11-06---中国は、メコン川の4人のミャンマー麻薬密輸業者に死刑を宣告。
2012-06-01---バリのコカイン密輸で逮捕された夫人が、病院に入院。
2012-03-29---日本が3人の死刑囚を処刑!
2012-03-22---中国の死刑囚の臓器移植利用!?
2012-03-12---中国死刑囚、死刑執行直前インタビュー直撃テレビ「临刑会见(臨刑会見)」
2011-11-25---バリ島で、大麻所持によりオーストラリアの少年を投獄!?
2011-10-29---中国で交通事故に死刑判決?!
2011-07-24---中国モバイルの前副議長で事務局長に死刑判決!
2011-01-30---中国の警官の息子は、ひき逃げ殺人、権力を乱用で、たった6年の刑!
2010-07-28---日本の死刑執行が、世界で話題になっている。
2010-05-16---世界で毎年、100人以上が麻薬で処刑されている。
2010-04-09---日本人3人は、中国で死刑執行された。
2010-04-06---中国で午前9時半に日本人の死刑を執行した。
2009-10-18---米国の死刑、執行失敗例。
2009-05-21---和歌山毒カレー事件で、林眞須美の死刑確定。
2008-06-25---死刑囚、死刑執行予測システム、90%の確率!
2008-04-16---日本の放送局が、死刑の実況テープを放送予定と報告した。
2007-07-10---中国の前薬品/食品大臣、不正と職務怠慢で、即刻死刑が執行された。
2007-01-26---中国の大連税関が覚せい剤密輸で日本人容疑者に死刑判決。
2007-01-24---中国で日本人死刑判決!
1997-01-25---偽酒中毒事件で、被告5人の死刑判決が確定した。
1994-04-11---北京市長城機電科技産業公司前総裁夫婦の死刑が執行された。
1989-12-15---国連総会で死刑廃止条約が締結された。
1969-12-16---死刑の永久廃止を承認する票決が、343-185の得票で可決された。
1963-03-18---貧乏人でも、初めて正当な弁護を可能にした。
1958-05-30---巣鴨刑務所閉鎖された。
1954-05-18---欧州人権条約 が承認された。
1948-12-23---東京裁判で死刑判決を受けた7人が処刑された。
1946-02-23---死刑宣告を受けた陸軍大将山下奉文が処刑された。
1927-08-23---靴屋のサッコと魚行商のパンゼッティが冤罪で死刑にされた。
1922-10-14---「監獄」の名称を「刑務所」に改名された。
1921-09-05---ハリウッド殺人事件。
1911-01-18---明治天皇暗殺計画の「大逆事件」で、死刑判決が出された。
1899-03-20---Martha M Placeが、女性として最初の電気椅子で死刑に処された。
1794-04-05---フランスの革命家ダントンが処刑された。