2014-07-25

日本マクドナルド、中国製チキン販売中止!タイ製に切り替えた。

美容と医学の科学犯罪と裁判

AFPは、米国食材卸大手OSIグループ(OSI Group)傘下の中国食肉加工会社「上海福喜食品(Shanghai Husi Food)」が使用期限の切れた食肉を大手ファストフードチェーンに供給していた問題で、日本マクドナルドホールディングス(McDonald's Holdings Japan)は2014年07月25日に、中国製鶏肉の輸入とそれを使用した製品の販売を全面的に中止したと発表した。

中国製チキン商品に対する消費者の不安に対応するための決定で、今後、チキン商品はすべてタイ製の鶏肉に切り替える。

日本マクドナルドではこれまで、チキンマックナゲットやチキンフィレオなど8種類のチキン製品で、中国製チキンを使用していた。

ハンバーガーは大丈夫なのか?

中国と親密になっている韓国企業ロッテリアは、大丈夫か?

ケンタッキーフライドチキンも、大丈夫なのか?

世界中のファストフード・チェーンが疑惑を持ってみられている。

とくに、アメリカ系ファストフード・チェーンが、安ければ、どこからでもという危険な考えがある。

当分、ファストフードは避けるべきかもしれない。

対応が遅すぎる。在庫がなくなってからの切り替えか?

日本マクドナルドと言えば、昔のアップル・ジャパンの社長が転職していた。

2014-07-22---中国の肉スキャンダルは、ファースト・フード内の埃を振り払う。
2014-07-20---上海の食肉工場で、マクドナルドやKFCに期限切れ肉納入か?

Related Dates