2014年07月23日

インドの医者は、一人の少年から232本の歯を抜いた。

美容と医学の科学

BBC Newsは、インドの医者は7時間の手術で17歳の少年の口から232本の歯を抜去したと報告した。

多分、これは世界記録だろうと言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

アシク・ガバイ(Ashik Gavai)は彼の右のあごの中の膨潤と共に持ち込まれた、とムンバイのJJ病院の歯科部長スナンドラ・ダイワレ博士(Dr Sunanda Dhiware)がBBCに伝えた。

ティーンエイジャーは18か月の間苦しんでおり、地方の医者がその問題の原因を確認することに失敗した後、彼の村から都市の病院に行った。

「非常にまれな」ものと、医者は彼の状態を評しており、「世界記録。」
「小さな白い真珠。」「単一のゴムが多くの歯を形成するところで、アシク・ガバイの不快は複雑な複合性歯牙腫(complex composite odontoma)」と診断された。

「それは一種の良性の腫瘍です」とスナンドラ・ダイワ博士が言った。

「初め、私たちはそれを切り取ることができませんでした。したがって、私たちは、それを取り出すために基礎的なのみおよびハンマーを使用しなければなりませんでした。」
「一旦私たちがそれを開いたなら、小さな真珠状の歯は一つずつ現われ始めました。」
「最初に、私たちはそれらを集めていました。それらは小さな白真珠に実際に似ていました。しかし、その後、私たちは疲れ始めました。」
「私たちは232本の歯を数えました」と彼女が付け加えた。

月曜日に導かれた外科は2人の外科医と2人の助手を含んでいた。

病院のENT(ear, nose and throat/耳鼻咽喉)部を率いるチームは、バンダナ・トラワデ博士(Dr Vandana Thorawade)が率いた。

今アシク・ガバイには28本の歯がありる。

「非常にまれな」ものとアシク・ガバイの事例を評して、スナンドラ・ダイワレ博士は、彼女が「私の30年の経歴で以前にこのような何も見ていなかった」と言ったが、彼女が「そのような刺激的な事例を得て、うきうきした。」と言った。

「条件で利用可能な医学文献によれば、それは上顎に影響すると知られています。また、最高37本の歯は過去の腫瘍から抜去されました。しかし、アシク・ガバイの事例では、腫瘍は、下顎で深く見つかった。
また、それには何百もの歯がありました。」

アシク・ガバイの父親スレッシュ・ガバイ(Suresh Gavai)は、彼の息子が1か月前に激しい苦痛を訴えたと言っとしてムンバイ・ミラー(Mumbai Mirror)によって引用された。

「私は、彼をムンバイへ連れて来たときに、それが癌であると判明するかもしれないと心配しました。」と彼が言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。