2014-07-23

アマゾンは、β財布アプリを始めた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、TechCrunchからの情報として、電子商取引巨人アマゾン(Amazon)はAmazon AppstoreとGoogle Play上で、自身のモバイル財布の適用を始めたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

アマゾン・ウォレット(Amazon Wallet)は、ユーザーが贈り物とロイヤルティーカードを格納し、組織することを認めている。
それは走査されるか、タイプインすることができる。

その後、それらは、バーコード、QRコード、テキストあるいはイメージとして利用可能になる。
それらは販売時点情報管理でそれによって回復することができる。

アプリは、さらに消費者に広範囲の支援された商人で、それらの格納された贈り物のバランスをチェックさせる。

さらに、βアプリとしてリストされて、それは新しいFireスマートフォン(Fire smartphones)上でプリインストールされて来る。

アマゾンは、アプリ用の支援するWebサイトを持っている。
そこでユーザーは、他のギフトカードをアカウントに加えるためにログインすることができる。

Webサイトは、クレジットとデビットカードのような他の支払い方法を管理する方法を提供する。
しかし、これらは単に販売時点情報管理でではなく、Amazon.comの中で買い物をする間に使用することができる。

モバイル財布ユーザーの一般化で、クレジットとデビットカードのような他の支払い方法は予備的になり、手数料のない、または少ない直接支払いが増えることだろう。

いよいよ、クレジットの時代が、少しづつ遠のいていくことになる。
考えてみれば、自分のお金を使うのに手数料を取られることの方が異常であった。

現在の日本の銀行は、まだ手数料を取ろうとしている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.