2014-07-23

中国の航空会社は飛行中のWi-Fiをテスト。

観光

iCrossChinaは、中国の航空会社は、2014年07月23日水曜日に乗客が、中国技術の急発展として、飛行市場の適用へ道を開いて、飛行中Wi-Fiを使用することを可能にするプログラムをテストしたと報告した。

中国の民間飛行便中のサービスの最初のテストとして、衛星を利用したWi-Fiサービスは中国東方航空(中国东方航空公司/China Eastern Airlines)によって運航されたフライトで利用可能になった。

[AD] You can advertise on this site.

テスト・サービスは上海北京ルートをサービスするエアバスA330(Airbus A330)の上で始められた。
また、最初の試験飛行は2014年07月23日水曜日の朝に離陸した。

航空機は、基地局経由でのコミュニケーションと比較して、より広帯域ブロードバンドと、より大きな安定を誇って、信号を送信するために衛星に依存するデバイスがインストールされると、中国東方航空とのチャン・カイが新華社に伝えた。

その試みは、国内の飛行調整機関から賛同を勝ち取る飛行中のWi-Fiサービス用の重要なステップである。
飛行調整機関は、まだその商業用途のライセンスを出していない。

試みは、セットする標準と規則、データと乗客フィードバックを集めるのを支援するだろう、とチャンが言った。

飛行中のWi-Fiは、中国国外の航空会社で既に利用可能であったが、国内の航空機の乗客、1年当たり3億6000万が飛行中に、それらのスマートフォンを使用することを熱望した。

2011年には、中国国際航空(Air China)が、1つのフライト中でWi-Fiイントラネットをテストした。
それは、乗客が航空会社のネットワークにアクセスすることを単に可能にした。

今月の初めに、同じ航空会社上の別のフライトは、制限のあるインターネットアクセスを許可すWi-Fiサービスを操縦した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.