2014年07月23日

北の西中国の都市で腺ペストの死亡者、多数隔離。

美容と医学の科学

BBC Newsは、北の西中国の都市で、人が腺ペスト(Bubonic plague/)で死んだ後、一部は封鎖されており、多数の人々が隔離された、と国営メディアが言ったと報告した。

その人は7月16日に甘粛省(カンスー州/Gansu province)玉门(玉門/ユーメン/Yumen)市で死亡した。

合計151人が観察の下に置かれた、と新華社通信が言った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

当局は、都市センターの部品、および1時間離れている赤金(Chijin)町の3つのセクションを分離した。

その人は、マーモット(marmot)との接触の後に伝染したと考えられていた。

マーモットは山岳地方に住んでいる大きな、リス・タイプげっ歯動物です。

犠牲は、犬に死んでいるマーモットをえさとして与えた、38歳の人であることが報告されている。

その人が死んだ病院の代理の首脳は、犠牲者が心拍数が増加した状態で搬送されて到着しており、衝撃に滑り込んでいるように見えたとリポーターに伝えた。

病院はそれ以来隔離された。

それは報告書から、4つの隔離地域はどれくらい大きいですか明らかではない。

10のチェックポイントが玉门と赤金でセット・アップされた。

隔離のものはすべて、その人との接触を持っていた、と新華社がった。

どれも、伝染のサインを示していなかった、とそれは言った。

職員は、もしそれ以上、疫病がそれらの中で現われなければ、9日間の隔離の後にグループを開放することができるだろうとリポーターに伝えた。

玉门は西部甘粛省の小都市である。
それは新彊に接している。

都市の腺ペストの最後の報告された症例は1977年にあった、と新華社は言った。

甘粛省は、職員によれば、過去10年間に疫病の少なくとも5つのケースを見た。

腺ペストは、中世にヨーロッパで概算2500万人を殺した時、黒死病(Black Death)と言ったが、現在では非常に希である。

ノミによって野生齧歯類(すなわち普及)に影響することは主として細菌性疾患である。

その後、感染したノミに噛まれた人間は腺ペストになることがある。

一度、バクテリアは、肺に感染させる、咳を通じて肺炎の人同士の感染が生じる場合がある。

もし初期に分析されれば肺炎に高い死亡率がある一方、抗生物質で成功裡に腺ペストを治療きる、とWHO(World Health Organization/世界保健機構)は言った。

The plague(疫病)
•疫病は人に知られていた最も古い識別可能な疾病のうちの1つである。
•疫病は、ノミによるげっ歯動物から別のげっ歯動物、および感染したノミのかみが切った一片による人間まで広げられる。あるいは、感染宿主を扱う場合に伝染する。
•最近の発生は、疫病がその病気が長い間なかったエリアで再現するかもしれないことを示した。
•疫病は、ストレプトマイシン(streptomycin)とテトラサイクリン(tetracycline)のような抗生物質で扱うことができる。
•マダガスカルは、最近疫病からの60の死を記録した。
Source: World Health Organization

甘粛省(カンスー州/Gansu province)玉门(玉門/ユーメン/Yumen)市のGoogle Earthポインター情報
40°17'30.7"N 97°02'43.9"E
または、
40.291850, 97.045536

2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-01-28---腺ペストは再び襲うことができるか?
2013-08-27---キルギスタンで15歳の牛飼いは、腺ペストで死亡。
2013-07-26---ロサンジェルス公園で、黒死病か?
2013-03-16---「黒死病」が再来するかもしれないと研究が警告。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告