2014-07-23

台湾で国内飛行機墜落!51人死亡。

AP通信、BBCNewsなど、多くのメディアが、小さな台湾の島にある馬公空港(Magong Airport/馬公航空站)に嵐の中で着陸しようとして墜落し、51人が死亡して7人が負傷したと救急隊員が言ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

台湾は、台風Matmoによって乱打された。

また、嵐の中心は中華人民共和国にあったが、中央気象局は夜じゅう大雨になると言っていた。

その飛行は、台湾の首都台北(Taipei)から中国本土および台湾の中間台湾海峡の澎湖諸島(island Penghu)の馬公空港に向かっていた。

空港からの写真は、1握りの消防士が使用するフラシュライトで、暗さの中の残骸を見ることを示した。

澎湖は、台北から1日当たり平均約2回のフライトとなる、人口密度の低い島である。

台湾の中央通信社(Taiwan's Central News Agency)は飛行が、大人が50人、子供が4人の合計54人の乗客と4人の航空機搭乗員を運ぶ台湾の航空会社トランスアジア航空(TransAsia Airways)によって運航された双発プロペラ機ATR72のGE2222便と、民間航空免許法局(Civil Aviation Administration)が言ったと報告した。

ただし一部のニュースでは、台北からではなく、高雄からだったと言っている。
また、23日午後4時(日本時間同5時)の出発予定だったが、天候不良のため午後5時43分に出発した。
地元メディアなどによると、午後7時6分、馬公空港に着陸を試みたがうまくいかず、再上昇を試みた際に空港付近の西渓村に突っ込んだと伝えている。

また、死亡者の数も47人という情報もある。48人という情報もある。

馬公空港(Magong Airport)のGoogle Earthポインター情報
23°33'50.8"N 119°37'41.5"E
または、
23.564108, 119.628183

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.