AD SPACE

2014-07-23

捨てられる不用の食物を世界に供給したい人。

経済美容と医学の科学自然

BBC Newsは、イギリスのリーズ(Leeds)の静かな通りで小さなカフェ「Real Junk Food Project Cafe」をセット・アップしたアダム・スミス(Adam Smith)は、大胆な野心で、カフェの中で使用される食品はすべて「遮られます。」と言っている。

[AD] You can advertise on this site.

これは、ビンまたはスキップから食物をとることではない。

彼らは、地域ビジネスとの関係によって、それらは、その有効期限を過ぎた食物を取り入れる。
しかし、まだ食用のラベルが不正確に付けられた食物、あるいは、そうでなければ捨てられる食物である。

カフェはボランティアによって実行されている。
また、食事は貢献され、支払いは「pay as you feel(あなたが感じるままに)」が基本である。

顧客は金銭、時間あるいはサービス協力で払うことができる。

概念は今、イギリスと世界のまわりの他の位置へ拡張する準備ができていると言っている。

最大の問題は、世界で最大の味覚音痴が住んでいるイギリスからのスタートしたことかもしれない。

もっとも、難民キャンプで食事をしていた経験からすると、十分高級である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE