2014年07月18日

2014年の最高レベルの巨大DDoS攻撃は、100Gbps。

戦争と平和

Computer World Indiaは、巨大DDoS攻撃(Huge DDoS attacks)はかつては問題を示すことと見なされていた心理学的100Gbps障壁を破る100以上の事件(incidents/インシデント)を備えた定期的に生じることになっていると、いうことをアーバ・ネットワーク(Arbor Networks)からの新しい数字で確認したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

290のグローバルなISPを通してトラフィックのアトラス・モニタリングから取り出されたアーバ・ネットの数は、2013年の20Gbps上の攻撃の数と比較され、2倍になることと共に、昨年規模のすべてのポイントでそのような容積測定の攻撃中の一貫した上昇傾向を示した。

しかし、非常に大規模な100Gbps攻撃は、多くが72を独力で占めた2014年第1四半期に集中されて、2014年前半の間111まで急上昇した。

たまたま、2014年第2四半期で最大の攻撃は、特にスペインのデータセンターに対する154Gbps NTP増幅攻撃であった。
それは2014年02月にCloudFlareを打った325Gbps怪物と比較して、小さく見えた。

2〜3年前なら、展望にこれを入れると、100Gbpsを超過する攻撃に関するニュースは優れたニュースになっていた。
しかし、そのような出来事は今1週当たり4回くらい検知されている。

NTP(Network Time Protocol/ネットワーク・タイム・プロトコル)は攻撃し、2013年にどこからともなく遅れ、次に、その上で、DNS増幅を使用する方法から、それは、その年の3月の反スパム構成Spamhausに対する悪名高い攻撃で始まった。

良いニュースとして、支持者がそのような攻撃を可能にした増幅脆弱性に気付いたので、NTPの方法は、わずかに今のところ推測上減少したように見える。

NTPは、まだ100Gbps、あるいはより高く攻撃のほとんど半分を説明する大きな攻撃に対する選択のプロトコルである。

DNSとNTPに加えて、攻撃者が乱用した2つの他のプロトコルは、デバッギングに使用されて、ネットワーク装置およびChargen(Character Generator Protocol/キャラクタ・ジェネレータ・プロトコル)を管理するために使用されていた、SNMP(Simple Network Management Protocol/簡易ネットワーク管理プロトコル)である。

NTPでのように、両方は、長い間、ほとんど無視されたDDoSの中で使用されるそれらの可能性のために存在した。

SNMPは、Chargenが1.4%に相当した間に、アーバ・ネットに2014年第2四半期で見られたDDoS攻撃の0.1%だけを占めた。

「続くことの上で、に2014年第1四半期の中のNTP反射攻撃の嵐から、容積測定のDDoS攻撃は2014年第2四半期へ引き続きよく問題だった、1つの、100GGbpsの上で先例がない100の攻撃は今年、ここまで報告した。」と、アーバ・ネットのソリューション・アーキテクチャー管理者ダレン・アンスティ(Arbor's director of solutions architecture, Darren Anstee)は、コメントした。

「非常に大きな攻撃の頻度は引き続き問題です。また、組織は、保護への統合された多層のアプローチをとるべきです。イかなりの量のインターネット連結性をもつ組織でも現在、その能力が向こうに続いている攻撃によって比較的簡単に消耗されるのを見ることができる。」
DDoS統計が具体名辞で意味するものを解くことは、大きなゼリーを小さな壁に釘づけにするようである。 DDoS攻撃が平均サイズ、多様性、日和見主義と頻度で上への軌道であることは、おそらく明らかである。

しかし、さらに、DDoS犯罪者が同じ問題を引き起こすので、より困難なそのビットを動かすとともに、非常に大きな攻撃での成長用の根本的原因かもしれない防御力の方がよいと言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。