2014年07月18日

インドの学校で6歳の生徒が、2人の職員によってレイプされた。

性とメディア

BBC Newsは、6歳の生徒が2人の職員によってレイプされたというクレームが出現した後、インド人の親は、バンガロールの学校でボイコットを始めたと報告した。

木曜日に抗議を行なった親達は、生徒のためのセキュリティを増強してくれるように学校に依頼した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

申し立てられた攻撃が2014年07月02日に起こった。しかし、彼女が胃痛みを訴えて、病院へ連れて行かれた後、彼女の両親はわずか数日前にレイプを発見した。

警察はレイプ事件を登録した。
しかし、それらはまだどんな逮捕もしていない。

申し立てによると、少女は警備員と体操教師によってレイプされた。
しかし同じようにそこの学校には多数のガードマンと体育館インストラクターがいる。
BBCヒンディーのイムラン・クレーシーは、警察が、有罪のものを識別しようとしていると、バンガロールから報告した。

その出来事に関するニュースが公になるとともに、何百人もの親が木曜日に学校の外で集まった。

今、親は、彼らが生徒のためのよりよいセキュリティに関する保証があるまで、学校に子どもたちを行かせることをやめるだろうと言った。

「私たちは、それが記述で私たちの子どもたちのセキュリティに関する私たちの要求を与えるまで、学校に子どもたちを行かせることは安全であると思わないと管理者に伝えました。」と1人の親アニタ・マカリア(Anita Makharia)がBBCヒンディーに伝えた。

学校に娘を行かせるもう一人の親マヤンク・クマール(Mayank Kumar)は、
「ちょうど、始めから、学校は否認モードでありました。」
「最初に、警察が学校に到着した時、彼らはそれが盗難事件であると言いました。その後、私たちは新聞からその出来事に関してそれを知りました、それはレイプでした。」

パラディープ・アナンド(Pradeep Anand)は、「経営陣は、生徒がそこで安全になるという信頼を回復するまで、親が学校に喜んで子どもたちを行かせない。」と言った。

学校議長ルストム・カラワラ(Rustom Kerawala)は、親と警察の調査に「十分な協力」を約束し、彼の「真実の謝罪」を申し出た。

インドの性的暴行の調査は、デリー・バス上の学生の2012年の集団レープおよび殺人以来成長した。

犯罪は憤慨を招いた。
また、政府は、死刑を含む、より厳しい反レイプ法律をやむを得ず導入した。

しかし、法律は、抑制物として働いていないように見える。

全国犯罪からの統計は、レイプのための事務局が2013年に21分ごとに1件が報告されたと記録した。
つまり、1時間で約3件、1日で約72件、1年間で約2万6280件になる。

確かに、インドは異常である。
しかし、児童買春したり、視察と言って、その国で禁止している買春をしていた政治家がいる日本も異常である。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト