gaYa広告

2014年07月17日

なぜ?ヒトラー・ハッシュタグ急上昇したか?!

人物

BBC Newsは、たくさんのヒトラー関連のハッシュタグは先週くらいから、ソーシャルメディアに出現した。
何、また、誰がこの後ろにいるのか?

#HitlerWasRight、#HitlerDidNothingWrong、そして(最も最近)#IfHitlerWasAlive、過去数日間ツイッターとフェースブック上の巡回をすべて行っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ソーシャルメディア上のヒトラーへの言及はもちろん何も新しくはない。
過去12か月で、「ヒトラー」は、ツイッター上で1000万回以上使用された。

しかし、明瞭な高揚が最近あった。
ドイツのワールドカップの成績およびイスラエルのガザ矛盾の両方に関連づけられた。

総合すれば、これらの3つのハッシュタグは、先週15,000回以上使用された。

それらのタイトルが示唆するように、それらはあらゆる種類の反ユダヤのこきおろしを含んでいる。

しかし、かなりの議論は後ろに押し、それを使用した人々を非難する批評家である。

ハッシュタグは、ドイツのワールドカップの重要なゲーム中に増加し始めたように見える。

例えば:
「それがWW2だったように、この前、ドイツ人が誰かを破壊した時に、私は考えます。#HitlerDidNothingWrong。」

彼はこれらのハッシュタグのうちの1つを使用しなかったが、ぴいぴいとさえずった時(ドイツがブラジルに7-1のスラッシングに関して)、マレーシアのMPは憤慨を引き起こした。
「WELL DONE..BRAVO。..LONG LIVE HITLER...」
ヒトラーへのワールドカップ関連の言及のうちのいくつかは、悪いとはいえいくつかのものは恐らく冗談として意図された。

しかし、ハッシュタグの使用はすぐに反ユダヤの転換を見せた。

その後、イスラエル-ガザ矛盾がスピードを上げるとともに、ハッシュタグは多くのパレスチナ人自身の間で何人かのプロパレスチナ人によって拾い上げられた。

確かに、多くのパレスチナ人が人々に止めるように要求することを明言していた。

「非難すべき(Reprehensible)」「頑固(bigoted)」、「憎むべき(hateful)」である、どのように、Yasmeen Serhan、パレスチナ・アメリカの学生は#HitlerWasRightハッシュタグについて記述した。

「そのような傾向は、パレスチナの行動主義での仕事を持っていません」と彼女が言った。

#HitlerWasRightと#HitlerDidNothingWrongのハッシュタグは断続的に使用された。
また、それらの起源をトレースするのは難しい。

しかし、#IfHitlerWasAliveの出所を識別するのははるかに簡単で、それはパキスタンで多くの個人の結果として向かい始めた。

他のハッシュタグでのように、非難は強健であった。

現在、スペインに住んでいるパキスタンの学生で、コンピュータ・プログラマーZohaib Nawaz Tararは、「私の推測はこれらは、無教養な人々である。」
「単にそれらを向かわせるためにハッシュタグを始める人々のグループがあった。これらは実際の事実を知らない愚かな人々です。」と言って、彼の非難をTwitterに投稿した多数のうちの1人であった。

ラビ・ケネス・コーエンは「それは燃えるつもりでした-大いに攻撃のこと」
「さらに、それは逆効果です。それはそのハッシュタグを使用して、人々にbaldyをもたらします。それはあまり明るくありません。」と作られているコメントを非難するためにツイッター会話へさらに入って行って言った。

「私たちがするべき時に、緊張を緩和することを詳説して、何人かの人々がわざわざそれらを燃やしています。」彼は付け加えた。

コーエンは、人々が完全に、社会的に自分で承諾しがたい考えを自由に言うことをソーシャルメディアの相対的な匿名が意味すると考えている。

人々は、ヒトラーへの多くの場合完全に偽造の比較をなし、驚きとなるべきでない、とマイク・ゴドウィン(Mike Godwin)は言う。
1990年に、誰が、何が、ナチ・アナロジーのゴドウィン・ローとして知られているかについて研究した。

その最も単純な形式で、ゴドウィン・ローは、任意のオンライン議論あるいはフォーラムでは、誰かが結局(それがそこに十分に長く残される場合)ヒトラーまたはナチ党を育てるだろうと述べている。

彼が言う西洋の世界で、「それは弊害のモデルです。」

あなたが討論を拡大したければ、「行く場所です。」
ヒトラーへのそのような言及は恐らくインターネットの前以来存在した、とゴドウィンが言った。

しかし、インターネットまた今ソーシャルメディアは、それをはるかにより目に見えるようにして、現象を拡大した。

誰でも言える環境を提供したので、傍観するか?参加するか?の違いで、結果は、話題性があるかどうかだけであり、薄っぺらな会話が広がるだけである。

ヒトラーの関連図書を読んだこともない人が多い!
それは、ユダヤに関しても同じで、ユダヤ、キリスト、モスレムの違いも分かっていない人。

知らないのかと言うと教えてと言い、教えないと脅迫し、教えると確認もしないで自分の意見として話し始める。
ユダヤ人とジプシーの違いも分からない人。
イスラエルに住むユダヤ人と、アメリカに住むユダヤ人の違いも分からない人である。

すべてが、耳学問で語り始めるのが、インターネットまた今ソーシャルメディアの世界かもしれない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告