on-the-time.jp

2014年07月12日

イタリアの警察官は200周年で、国より古い。

戦争と平和

BBC Newsは、イタリアの警察官制度ができて200周年になり、それはイタリアという国家が成立したより古いと報告した。

イタリアと言えば、ローマ帝国を思い出し、歴史国家と考えるが、イタリア共和国(Repubblica Italiana)は、国民投票で1946年6月2日に共和国に移動した。

イタリア王国は、サルジニア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(Vittorio Emanuele II di Savoia/1820 - 1878)が統一し、初代国王として1861年3月17日に樹立され、はじめてイタリアと呼ばれるようになっているので、まだ200年には達していない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

その前は、スペインに統治され、何をするにもスペイン王の許可が必要であった。

しかし、なぜイタリアには2つの警察、およびこれに関して非常に特別のことを持っているのか?

ダニー・ミッツマン(Dany Mitzman)は、常にイタリアが2つの警察を持っているという事実に戸惑っているが、イタリア人はそれはいずれにしても奇妙であると分かるようには見えないが、権力を監視している。

なぜ2つかをを尋ねる場合、彼らは不十分な説明で、poliziaと一般に言う場合は軍隊の一部である国家警察の警察官である。

実際の理由は歴史の奇癖である。

警察官はイタリア自体より実際に古い。

それらはヴィットーリオ・エマヌエーレによって設立され、出現した。

それらの名前は伝統的に所持したライフル銃から「カラビナ(carabina)」と言われている。

過去2世紀にわたって逮捕した有名人の間で、それらは、さらにイタリアの創立者のうちの1人ギゼッペ・ガリバルディ(Giuseppe Garibaldi)がいる。

イタリアが一体になっていた時、警察官の王の団体は複製の警察として機能して、多くの方法で、法執行義務をそのように行なう全国的な軍隊の一部のままであった。

実際、イタリア人がpoliziaとして警察官に電話しようと脅すのと同じくらい聞くことになる。

例えば警察を呼び出す電話番号もは、112をダイヤルし、他の113もある。しかし、ほとんどのイタリア人は、どれが、どう違うのかを知らない。たとえば、警察官の自動車の横には112と書かれている。

また、ちょうど警察のように、それらは愛されており、嫌悪されている。
過度の暴力で咎められた勇気の行為で歓迎された。

しかし、それらがそのために最もよく知られている1つのことは、政治上正しくない冗談として、全国で残っていると言うことである。
映画やテレビの中で規則的に風刺されて、歴史上の規則のそれらのアーカイブは、喜劇のイメージを振るのを支援しない。

例えば、それらの厳密な口ひげ、あごひげおよびsideburnプロトコルは、あるポイントで、1つの指令として、それらをすべて禁止する別の指令があり、最も高いランクだけが口ひげを誇示することを可能にしていた。

いくらかはその「警察官ロジック」を呼ぶかもしれない。

わきに冗談を言って、それは2つの理由で歴史上孤独な経歴であった。
警察官は、ホーム地域で貢献することを認められず、結婚に関する非常に限定的な規則に従った。

今日さえ、それらの古い規則のエコーはまだ存在している。

少なくとも8年として役立っているまで、それらは起源の地域の仕事に戻ることができない。

そのため、長距離列車ルートにおいては、何度も若く非番の警察官がホームと客車を共有しているかあるいは許可から返るのを見つける。

ボローニャの近くのPianoroの眠い衛星都市で、地方の警察官は親しみのある房である。

それらのうちの1人は、仕事について熱心に話す。

彼は、常にカラー上の小さなスターで高慢な警察官になりたかった。

「それらが行政部であるので、警察はこれらを持っていません。私たちは軍事の団体です。私たちは、非常に異なる種類のトレーニングを受けます。」

異なるものとして、彼は、それが市民との関係の中にすべてあることを説明するように彼に求める。

「私たちのステーションのうちの1つであると分かる、最も小さな山および農村でさえ」と、彼は自慢する。

彼らはイタリアの至る所で4,605人だけである。
また、彼は、それらの役割がそこに地元住民向けであることであると言っている。

「それらは私たちに依存します。」
「地震、洪水あるいはどんな種類の災害がある場合、即時の支援をする人は私たちです」と彼が言った。

彼のアクセントから、彼が北の出身でないことがわかる。

南の出身でなかった警察官に会ったことがないと彼に伝えた。

彼はうなずいた。

「それは真実です、私たちのうちのほとんどはそうです。私は、全力の約70%を言い、単なる南ではない。とくに4つの地方の中で、特別:シシリー(Sicily)、カンパニア(Campania)、カラブリア(Calabria)およびプーグリア(Puglia)のステーションです。」

彼は、非常に多くの警察官が来るとは偶然ではないと言い、正確に、イタリアの4つの主なマフィア組織と同じ4つの地方の出身者である。

「警察官になる2つの理由があります」と彼は伝えた。
「主なものは正義感およびrivalsaです。」
あなたがその環境の中で成長する場合、彼はあなたが側を選ばなければならないことを説明する。

「第2の理由は単に、職務保証を与える職業であるということです。」
最も困難なことがあなたの家族とあなたの土地からここまで離れていることであることを彼は認めます。しかし、彼は、それがそれの価値があると言っている。

「私は17年間働いている。そして、私は、ある日引退する。しかし、私はここで、今のところ幸福です。」と言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告