on-the-time.jp

2014年07月11日

タコベルは、健康メニューを筋肉メニューに変えている。

美容と医学の科学

ワシントンポスト(Washington Post)は、タコベル(Taco Bell)は2014年07月10日に、ダイエット思考(paleo diet fad)を変更し、肉とタンパク質に集中した新しいメニューを始めることで、文字通り、ランチメニューの牛肉を増やしたと言ったと報告した。

メキシコのファースト・フード・チェーン(Mexican fast food chain )が声明で説明したとともに、「そのカンティナ・ベル・メニューの次の発展(the next evolution of its Cantina Bell menu)」である新しいメニューは、カンティナ・パワー・メニュー(Cantina Power Menu)と呼ばれ、肉および20グラムを超える重さのタンパク質のダブルの部分を備えた食物アイテムを特色とする。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

本質的に、それは、アメリカ人が蛋白質含有量にますます興味を持っていて、減少していわゆるダイエットフードに興味を持っているというタコベルの賭けである。

「我々は、顧客が、バーが伝える風味を備えたより高いタンパク質溶液を要求するのを聞いた。
したがって、ここに、カンティナ・パワーがある」と会社社長ブライアン・ニッコル(Brian Niccol)は声明で言った。

「人々はダイエットフードを捜していない。」
「彼らは、それらにエネルギーを与える食物を望む。」と彼が言った。

より明るく、より新鮮な成分を捜す消費者をなだめるために、タコベルは2012年にそのオリジナルのカンティナ・メニューを始めた。

メニューは、最初に新鮮なグアカモーレ(fresh guacamole)また、ロースト・トウモロコシ・サルサ(roasted corn salsa)のような成分を備えた品を含んでいた。
巧みに促進された食物ネットワークを料理する美学を誇示する広告でプロモートした。

しかし、タコベルは、どちらかといえば、その顧客がその種の料金で、どこか他のところに行くか、または、単にタンパク質がぎっしり詰まったそのアメリカの食糧切り札すべてへの愛で学習したという結論に達したように見えると言っている。

最も恐らく、それは後者であった。

タコベルは新鮮な」成分を取り除いていない。「それは単にそれらで頂部により多くの肉を付けており、普及しているマーケティング・ピッチとしてそれを使用している。」

タコベルの賭けはタンパク質用の特に有望な瞬間に来た。

蛋白質に富む食品の需要は、地球中で速く増大して、アメリカにおいて特に速い。

市場調査会社ユーロモニター(Euromonitor)による評価によれば、タンパク質補給販売は例えば、2008年以来40%以上ずつ増加しており、2018年までに別の40%プラスずつ増加すると予想されている。

また、より高い蛋白質含有量を備えた食糧に対する関心は、アメリカの若さの中に特に発音され、したがって、それは偶然単にタコベルの第1の聴衆であった。

タコベルは、アメリカの成長している筋肉妄想上で踏ん張る、最初のファースト・フード会社ではない。

パネラ・ブレッド(Panera Bread Co.)を含む他のチェーンは、それ自身のパワー・メニューを誇示する、同様の賭けをした。

また、大きな食物メーカーのクラフト(Kraft)のように、傾向をまた試しにやってみた。

クラフトは、自分としては、今年の初めにナッツ、肉およびチーズを組み合わせるP3と呼ばれる製品を売り始めた。

しかし、タコベルはそれに関してかなり真剣に見える。

非常に重大で、それは余分な肉で止まっておらず、タンパク質がさらにギリシャのヨーグルトを含めるメニューを拡張したと付け加えた。

「多くのヨーグルト・パフェがあります。したがって、私たちは、人々をタコベルでヨーグルトに関して興奮させるものおよび答えが、ギリシャのヨーグルトであるように私たち自身に求めました」とブライアン・ニッコルが言った。

もう、今さらアメリカンのデブは瘠せられない。
ダイエットではアメリカに夢がない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。