gaYa広告

2014年07月12日

秘密警察自身のフットボール・チームがあった。

戦争と平和

BBC Newsは、日曜日に、ワールドカップ決勝で、ドイツ対アルゼンチンの戦いで、自身のフットボールを備えた秘密警察があったことをゲームの歴史で、より政治的な時間を思い出す瞬間になるかもしれないと言っている。

フットボールでシュタージ(Stasi)がプレーする考えは奇妙に見える。
しかし、それは常に起こったことである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

古い東ドイツでは、秘密警官はかつては自分のフットボール・チームを持っていた。また任意の古いフットボール・チームだけでなく、それだが一部リーグの最上で戦っていた。

どのように、それができたか、それは、彼の恵まれたサイドBFC Dynamo(Berliner Fussballclub Dynamo)に残り、最上位になるように命じた、その最も大ファン自身が、シュタージ長だった。
古い東ドイツのフットボールクラブは、多くの場合工場サイドだった。

FCカール・ツァイス・イェーナ(FC Carl Zeiss Jena)は、イェーナでカール・ツァイス・レンズ(Carl Zeiss)メーカーのクラブだった。
また、Traktor Gross-LindauとTurbine Potsdamであった。

クラブVorwartsは、Vorwartsライプチヒ(Vorwarts Leipzig)のように、通常軍隊サイドだった。
また、Dynamoは警察チームのためのタグだった。

ベルリンでは、BFC Dynamoシュタージのクラブだった。
また、東ドイツが崩壊するまで、その最も大ファンは、30年以上の間の国防臣エリック・ミールケ(Erich Mielke, the Minister for State Security)だった。

ミールケの手は血液の中でずぶぬれになった。

彼は1931年に政治的な殺害で実際にトリガーを引いた。
そのために一旦ベルリンの壁が崩れたとき、彼は投獄された。

東西ドイツに別れていたときの東側のクラブがそうであったなら、次のロシアでの大会は、同じかもしれない。

さらに、先日の冬季オリンピック選手の出身を調べると、殺人部隊かもしれない。

1974年のワールドカップは、東ドイツと西ドイツの直接大会という大きな話題で知られるが、東ドイツのチームには秘密警察のスーパースター選手もいたことだろう。

東西ドイツが統合されたとき、秘密警察のスーパースター選手は、西ドイツ側のサッカー・チームに雇われただろう。

2008-11-27---元東ドイツ秘密警察「Stasi」、当時の東西ベルリン公共放送への影響!
2008-08-02---ベルリンで、「シュタージ(Stasi/秘密警察)Bar」オープン!
2008-04-02---ベルリンの新聞社スタッフに、東ドイツ秘密警察の共産党員がいる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告