gaYa広告

2014年07月12日

マルセイユ・ブールのワールドカップは、常にフランスが勝つ。

スポーツ性とメディア

BBC Newsは、太陽はマルセイユを照りつけている。
また、大気は、それらがこれらの部分で賛成する鼻水緑のアペリチフのアニスの実芳香(the air is full of the aniseed aroma of the snot-green aperitif)およびBoulesに対するBoulesのカタカタという音でいっぱいである。

ブール・ワールドカップは進行中である。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

すべての公園および庭の中で、すべての並木の大通りに沿った汚れのすべての小さな正方形上で、人々は、木製のジャックの金属球を投げている、それらは子豚(piglet)を呼ぶ。外に撹拌すること、見る巻き尺、最も接近していて、それらが決定するとともに、それらのあごを摩擦しているかどうか、ポインターの位置に向かって投げる。あるいはそれらの相手の忘却へのBoulesにぶつけようとtirerにする。

フランスは、ブラジルのワールドカップの準々決勝より以上行かなかった。
また、これは、国がその注意をその真実のナショナル・ゲームに向けることを可能にした。

喫煙間にプレーすることができて非常に物理的に要求しないゲーム。

肉体の安定性を提供する大規模な腹部は、どれのために肯定的な利点か。

フィガロ新聞論説委員で鋭いboulisteのイブ・トレード(Yves Treard, Le Figaro newspaper leader-writer and keen bouliste)にとって、「ペタンク(petanque/pétanque)」は、フランス人がそれを呼ぶとともに、本当に民主主義のゲームである。

「細くて、大きくなりえます、男性あるいは女性、子どもあるいは祖父。」 とイブ・トレードはたばこの火をもみ消して言った。

「誰でもプレーすることができます。あなたが祖父でありえます。また、勝つことができます。それはペタンクの精神です。」
ゲームは包括的であると彼は言います。

確かに、そのまさに発明は、等しい用語上で競争する能力のなさを持った人の許可に関係していた。

作家マーティーン・ピラト(Martine Pilate)は15の小説を出版した。

今、彼女は、ペタンクの最初の歴史を書いた。

彼女がそのために祖父の資格をよく得るタスクは、ゲームが発明されたマルセイユからの海岸に沿ったラ・シオタ(La Ciotat)でカフェとBoulesのクラブを運営した。

それは1907年、ピラトの数え直しにあった。

当時、人々は、3ステップの準備段階を要求する、Boulesの形式のle longueをした。

彼女は、しかし、旧エース・ボリステであったジュールズ・レノア(former ace bouliste Jules Lenoir)のリューマチ(rheumatism)が非常に悪くなったので、彼ができるのが椅子に座り、「子どもが大理石彫刻品で遊ぶように」悲しげに時々のBoulesを回転して見ることだったと言っている。

ピラトの祖父が持つまで、それはそうだった。彼らが準備段階について忘れることを提案することで、彼がしめた瞬間、プレーははまった。

しかし、レノアは誇れる人だった。

椅子から自分を立ち上げて、彼は叫んだ。「Boulesは立ってするゲームである。」

このようにして、現代のゲームは生まれた。

それらは、どれがその後ペタンクを「pieds tanques(設けられた足)」と呼んだ。

新しいゲームは、フランスの植民地アフリカと東洋へ、ラ・シオタおよびマルセイユから航海した船に入れて運ばれて、フランスから、南の外国へ通り抜けた。

今日、マーティーン・ピラトは言う、102カ国がpetanquefederationsを持っている。

Boulesはマダガスカル(Madagascar)とチュニジア(Tunisia)において大きい。

タイ(Thailand,)では、兵士が心を鋭く維持するために毎日1時間する。

それらは、タイの王族のペタンクへの熱意のために、それをクイーンマザーのゲーム(Queen Mother's game)呼んでいる。

西アフリカでは、人々がしばしば自分のBoulesを作っている。

子どもはその間に、レモンで遊ぶ。

「なぜこのゲームがそれほどポピュラーか知っていますか。」
1962年にこの競争を裏付けて、まだ今日それを組織している新聞管理者ミヘル・モンタナ(Michel Montana, who founded this competition in 1962 and is still organising it today)は尋ね。

「それが容易であるので」、彼はにやっと笑います。

「それをどんな場所でもすることができます。一旦1組のBoulesを持っていれば、30年間それらを維持することができます。それらはすり減りません。また、それは社交的なゲームです。ここでそれらが遊んでいる間、誰でも互いに話しかけます。テニスのようだが、選手がこんにちはを言えば、幸運です。」
だからといって、それが常に非常に甘ったるいわけではない。

現在のワールドカップ中に、フランスの北からのチームのメンバーに、マルセイユからの3人チームが勝利を報告した場合、「頭をむしり取る」と脅かされたそれと報告された。

北部人は、それが意図され、それらの「敗北」を報告し、次の列車ホームをとった精神の中で警告をした。

しかし、マルセイユの少年が次のラウンドで負けたので、公正は普及していた。

「この種のことが、とても非常に起こる。」と、主催者の発言として報告された。

そこに、より形式上のセッティングを渇望する人々向け、毎年のペタンク世界選手権競技は、フットボール、ワールドカップに似ている国が、予選通過者および1つのチームである。

しかし、誰でもマルセイユ競技に出場することができる。したがって、12,000人が、今月、第一ラウンドにほとんど参加した。それらのすべて、フランス人であった。

そして、それはしばらく、これがなぜちょっとフランス人には勝つチャンスがあり、ワールド・カップでないかについて説明することになるかもしれまな。

それが1962年に始まって以来、フランス人は毎年、死脅威で、あるいはその脅威なしで、例外なしに、それを勝ち取った。

私には、ペタンクで嫌な思い出がある。

私のパリの定宿は、シャルル・ド・ゴール空港(Charles De Gaulle Airport)の地下鉄終点から、郊外行きのバスに乗里、1つ目の停留所で降り、目の前のバーでグラス・ワインかリキュールを1パイ飲んで、数歩シャルル・ド・ゴール空港の方に戻ると、右手にタキシードを売っている店があり、次の道を右に曲がって、路地には行って数件目にある無印の安ホテルである。

このホテルは朝食を部屋まで運んでくれるので、といってもカフェオレにパンとジャム、バターだけの朝食だが、落ち着いて朝が楽しめる。

その安ホテルの前がペタンクの会場で、多くの人がペタンクを楽しんでいる。
見ていると、老人がやってみるかと誘ってくれる。
では、と少し楽しむと、すぐにへたくそと言われる。

毎回、人は変わっても同じで、馬鹿にされる。

だったら誘うな!教えろ!と言うが無視して馬鹿にする。

不愉快だが、すでに何回も同じ経験をしている。

あれが、ペタンクを国際競技にしない原因である。

さらに、ペタンクには、フランス独特の理解も思想もあり、セックスが大好きなすフランスらしいゲームかもしれない。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告