gaYa広告

2014年07月12日

エッフェル塔を35m上回る高さ、世界一の鉄道橋建設中。

自然

AFPは、インド・ヒマラヤ山脈に世界一高い鉄道橋が建設中で、2016年に完成すると言われ、パリ(Paris)のエッフェル塔(Eiffel Tower)を35m上回ると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

鉄骨構造のアーチ型の鉄道橋は、インド北部ジャム・カシミール(Jammu and Kashmir)州の壮大な山岳地帯を流れるチナーブ川(Chenab River)の上に架けられる。
橋の高さは359mniなる予定で、現在275mで世界一高い中国の貴州(Guizhou)省の北盤江(Beipanjiang River)に架かる鉄道橋を上回ることになる。

建設工事は2002年に着工したものの、強風などによる安全面と実現性への懸念から、2008年に一時中止された。
再開の許可が出されたのは、それから約2年後だった。

インド国鉄の子会社コンカン鉄道(Konkan Railway)が進めるこの橋の建設は、総工費およそUS$9200万(約93億円)で、この鉄道橋が完成すれば、ジャム・カシミール州の冬季の州都ジャム(Jammu)と同州バラムラ(Baramulla)間の所要時間は現在のほぼ半分の約6時間半となる。

ジャム・カシミール州の冬季の州都ジャム(Jammu)のGoogle Earthポインター情報
32°43'35.8"N 74°51'25.3"E
または、
32.726603, 74.857025

バラムラ(Baramulla)のGoogle Earthポインター情
34°12'27.2"N 74°21'10.4"E
または、
34.207567, 74.352883

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告