gaYa広告

2014年07月11日

サンフランシスコで、駐車システムAppシャット・ダウン。

モバイル・マネー

BBC Newsは、サンフランシスコで公共駐車場スペースを人々に買わせ売らせる都市のオペレーション・サービスを停止していると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ローマが本拠のMonkeyParkingは、人々に、それらがスマートフォン・アプリによってこれから空スペースを競売にかけさせる。

その会社は、MonkeyParkingとユーザーに罰金を科すと脅迫したサンフランシスコ市当局から、批評に直面した。

まず最初に挑戦的に、動くことができる方法をはっきりさせる間、同社はサービスを「抑制した。」

サンフランシスコは、それが「公共駐車場スペース用の補食性の個人取引」の生成を許可しないだろうと宣言して、6月後半にMonkeyParkingアプリの使用を禁止した。

都市当局も、命令の違反につき、MonkeyParkingにUS$2,500の脅されている罰金no「停止」を送った。

それは、都市で作動することをやめるために7月11日まで会社に猶予を与えた。

blogpostで会社は、それが状況を「調査」した。一方。サービスがシャット・ダウンされたと言った。

それは、「法、および地方自治体との十分な協力での意図および手紙」に応じたかったと言った。

それは、そのサービスのどんな「可能な不適当な使用」も回避するために、作動しており、まもなくより多くの情報を提供するだろう、と付け加えた。

それはローマで駐車するオークション・サービスを操作し続ける。

サンフランシスコで自動車駐車場を売る他の2つの会社「Sweetch」と「Parkmodo」も、都市の支配によって影響されると考えられた。

これを受けて、Parkmodoはサンフランシスコでその駐車するシステムを保留したが、ニューヨークとシカゴでまだ試みを実行している。

Sweetchはサンフランシスコでそのサービスを提供し続けている。

オークションが含まれていなかったので、それは行き続けている、とそれが言った。

代わりに、ユーザーは情報に定額料金を払いSweetch内の支払いでそれらが構築したあらゆる信用だけを使用することができる。
あるいは、彼らは、チャリティーにそれを寄贈してくれるように会社に依頼することができる。

2012-08-01---シアトルは、路上駐車料金支払いにPayByPhoneを選択。
2012-05-21---Parkmobileはオークランドで、NFC対応モバイル駐車支払いを開始。
2011-09-19---Parkmobileは、駐車場モバイルペンイメントにCiti(bank)を選択!
2011-05-07---「SFpark」と呼ばれるUS$2000万の駐車プロジェクト!どうする?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。