gaYa広告

2014年07月11日

中国は、ワシントン条約を無視し、虎の皮取引を承認!?

自然

BBC Newsは、絶滅危惧種を保護する国際会議の会合の参加者と職員によれば、中国は、それが捕らわれた虎からの皮膚をはぎ取り、毛皮の売買を許していることを初めて公的に認めたと報告した。

彼らは、ワシントン条約に違反していることを中国政府当局が以前に報告したことがないと言っている。

しかし、協定のジュネーブの常任委員会会に、伝えられるところによれば、中国は、虎の骨を禁止したと言った。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

会合の参加者は、「中国の代表は、『私たちは、虎皮膚の商売を禁止しません、しかし、私たちは、虎の骨の商売を禁止します。』と言った。」と報告した。

虎の皮をはげば、肉と骨が残るので、肉や骨の売買が禁止されても、実態は残ることになるだろう。

このでたらめな理論が、世界で通じると考える中国は、異常である。

事務局出所を引用すると、中国の代表団メンバーがこれを言ったことを確認した。

中国の政府関係者は、BBCの要請にコメントで応えていない。

5,000〜6,000頭の虎が中国で束縛中であると考えられている。

自然保護組織は、皮膚の商売の終わりを長い間要求し続けた。

野生生物エキスパートは、中国の「虎飼育」が絶滅危惧種の密猟および売買の需要を他のところにあおったと信じている。

彼らは、実行を抑制するように中国に対して会合での承認が圧力を高めるだろうと言った。

報告書はさらに、捕らわれた虎が保持される場合、設備は不法な国際貿易に生きている動物および部分を供給しているとに述べている。

3年ごとの会合でワシントン条約の野生の動物相の代表はその貿易が緊密にコントロールされる種のリストCites(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna)の会合での職員および参加者によれば、中国からの承認は、中国政府が捕らわれた虎からはぎ取られた皮膚の商用商売をどのように許可したかについて詳細を示した報告書のプレゼンテーションに続いた。

「会合で示された報告書は、中国に答えることを要求した状況を作った」と指名されたくなかった参加者が言った。

「基本的に、会合がこの報告書の発見物に注目した時、中国の代表は介在しました。」と彼が言った。

「それらがこの貿易が中国で存在することを公式に認める初めてのことだった。」
参加者は、これがCites会に全くセンセーションを引き起こしたと言った。

「「中国の介在の後に」...私たちはまた介在し、私たちが他の組織と明白に行った調査が、中国の商売が工業規模上で起こっていることを示すことを明らかにしました。」と、不法な野生生物商売を世界中で調査したイギリス本拠の環境調査機関との野生生物運動家シュルティ・シュレッシュ(Shruti Suresh)が言った。

「それが工業規模上で起こっていたと中国の代表が言わなかったので、その解明は必要でした。また、博物館の科学的調査あるいは例えばディスプレイのために行われたものとして、後で貿易が誤って報告されるかもしれないという危険がありました。」

Citesの加盟国は、野生動物の標本のその商売を保証するために、それらが進歩しており、設ける進行が脅かさないものの上で彼らの存続を報告することを要求される。

不法な野生生物貿易に関する新しい報告書は、束縛と野生のの両方から1,600頭の虎のまわりのそれを示唆します、2000年以来全体的に交換された。

中国が虎部分用の主力市場だった間、野生生物エキスパートは虎飼育が成長しているところで、ベトナム、タイ、ラオ、カンボジア、マレーシアおよびインドネシアのような他の東南アジアの国々が消費者としてさらに出現していると言った。

以前、カンボジアノセントラル・マーケットに行ったら、虎の歯が売っていたのに驚いたが、実際は当たり前の取引であった。

報告書は、過去2年で、、東南アジアおよび中国を横切った捕らわれた設備で、部品外注されているであろうほぼ90頭の虎の差し押えがあったと述べ、あるいは売買した。

「要求縮小努力および施行、および反売買する活動は、商業目的のために虎を飼い生じさせる設備の存在およびそれらから、あるいはそれらによって貿易を止める施行の不足の両方によってむしばまれます」と種存続ネットワーク(SSN)(そのメンバーは100を超える自然保護組織を含む)による報告書が述べている。

「これらの標本の商売は、虎部分の望ましさを永続させました。また、荒野の継続的な密猟することによって証拠づけられるように、捕らわれた虎の皮膚中の内国貿易を許可する中国の実験は、乱暴な虎に対する圧力を緩和するために何もしていません。」
3,000頭余り虎が荒野に世界中で置かれると考えられている。

それらの半分以上はインドで生息している。
ここで42頭の虎が昨年死亡した。

「中国の政府が虎皮の商売を認めていれば、私はそれが虎部分中の不正取引の抑制への前方のステップであると思います」とインドの全国虎保存権力の代理の監察長官SPヤダブ(SP Yadav)が言った。

「否認モードは、その問題を解決するのを支援しません。しかし、一度、起こっていることを受理します。前方に移動するのは簡単です。」

SSN報告書は、虎、豹およびユキヒョウの皮が軍事で、、また中国の高級住宅装飾物としてのビジネス・エリートとして、政治的なものの中に評価されると述べます。

「中国の最近の汚職事件の結果、それらが職員への非金融の賄賂のように「才能がある」ことを確認する。」とその報告書は述べている。

2005年には、中国が、それが虎繁殖用施設から、虎の骨の中の内国貿易を再度開始することを考慮していると発表した。

2年後に、党を引用する、そのような設備からの調整を要求する決定を採用した。

中国政府は、ダライ・ラマを悪魔のように言っているが、ダライ・ラマはチベット人が毛皮の衣服を着ないように上告している。

るまり、ダライ・ラマより、中国は国際法を無視するならず者であった。

2006-02-20---チベット人が毛皮の衣服を着ないようにダライ・ラマからが上告。
2014-06-14---虎が.2匹も自宅に住み着いてしまった。
2014-03-26---中国地元紙が、富裕層向けに「トラを殺すショー」を紹介。
2014-02-21---珍味として密輸されたプラスチック箱の中の虎の子。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。