2014-07-01

Googleのボール紙を使った仮想現実ヘッドセット。

性とメディアファッション自然音楽宗教スポーツ観光アート麻薬とメディア

BBC Newsは、Googleは、2つのレンズを埋め込まれて、ボール紙で作られた安いDIY仮想現実ヘッドセットを製作したと報告した。

ユーザーが装置の正面にスマートフォンを置く場合、見る人は、より高価なハードウェアへの多くの道において比較可能な没入型の3D経験を経験できる。

その装置は、一人のエンジニアによって側面のプロジェクトとして始まり、ちょうど6カ月間で開発された。

グーグルは、新しい経験を生み出すためにソフトウェア開発者に装置を渡すことにより、それがVRの新興フィールドの開発に拍車をかけたいと言っている。

BBCの北アメリカ技術特派員リチャード・テーラー(Richard Taylor)は、装置を経験する機会を得て、その調査チーム長のクリスチャン・プレーガマン(Christian Plagemann)に会った。

その発想はちょうど、ステレオグラム用のメガネのようで、経験の少ない人でも体験できるだろう。

dezeenは、その装置を入手し、分解して紹介している。

同時に、かなり危険なバーチャル・セックス遊びも可能になることを紹介している。

これだと、美人だとか、障害があるなどのコンプレックスは排除し、バーチャル・セックスが可能になる。

それは一見、危なく感じるが、人類にとって大切なことである。