2014-07-01

Neweggは、Bitcoin、snapCardがLitecoin、Dogecoinを受け入れた。

モバイル・マネー

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、Neweggが、会社のWebサイト上でBitcoinペイメントを受理していると火曜日に発表したと報告した。

Target.com、Dish Networks、Overstock.com、Square Market、Expediaなどいくつかのオンライン・コマース・サイトは、時流に乗り、Bitcoinを採用している。

処理サービスのsnapCardが、Bitcoinに加えてLitecoin、Dogecoin、Ripple(XRP)のペイメントを受理するだろうと発表した。

コンピューター、付属品および他の供給を専門とし、さらにマック、iPhoneおよびiPadに売るNeweggは、過去6か月にBitcoinsを受理し始めた他の大企業のように、仲介のBitPayと組んでいる。

BitPayはBitcoin処理を行ない直ちに、Bitcoinsを米ドルに変換する。
それはNeweggが見るものである。

払うためにBitcoinをちょうど別のやり方で作って、Neweggと顧客の両方にこのプロセスは、有効に透明である。

多くの人々が、それを通商用のツールとしてのBitcoinの多量採用にとって不可欠であると見なしている。

しかし、直ちに、Bitcoinsを米ドルに変換するので、これはBitcoinを流通させると言うより、危険を回避し、時流に乗っただけと言える。

snapCardは異なる種類のビートで、人々がどんな場所でも買い物をし、Bitcoinで払うことを認める。

それは仲買人も務めることによりそうする。

ブックマークレットの使用で、Bitcoinユーザーは任意のサイト上で買い物をすることができる。

そのサイトの内蔵ecommerceエンジンを使用する代わりに、Bitcoinユーザーはブックマークレットをクリックすることができる。
また、snapCardはページ上でアイテムをとり、それをそれ自身のショッピングカートに加える。

その後、Bitcoinを備えた支払いでsnapCardでチェックアウトする。
また、snapCardは、注文を出す。

その会社はこのサービスのために2%ノ手数料を課すことによりその利益を出す。

より多くの小売り業者がBitcoinsを直接とって、snapCardはそれの発表により、その範囲を広げ、よりポピュラーなaltcoinsのうちの3種類Litecoin、DogecoinおよびRippleを受理する。

そのプロセスはBitcoinと同じ物である、しかしユーザーは、チェックアウト中に追加のオプションを持っていない。

もし、cryptocurrenciesに入る方法を捜している場合は、実際に払うBitcoin、LitecoinおよびDogecoinのFaucetsのリストをチェックする。