2014-07-01

ヨーロッパでアップルは、サムソンに顧客で負け始めている。

Cellular-News.comは2014年07月01日に、Kantar Worldpanel ComTechからの最新のスマートフォン売上高データは、そのより古いiPhone 5Sと5Cがライバルより遅れて、新しいSamsung Galaxy S5が5月にイギリスで3番目のベストセラーのスマートフォンだったことを明らかにしたと報告した。

5月は、ヨーロッパでのSamsung Galaxy S5リリース以来、販売で最初の1カ月であった。

ブロックバスター着手にもかかわらず、Samsung Galaxy S5はイギリスで、iPhone 5sおよび5cに次いで、3番目に高く売るスマートフォンにすぎなかった。

しかしながら、5つの最大のヨーロッパ市場を横切って買いにSamsung Galaxy S5をもたらした人々の間で、アップルから17%が変わった。

ヨーロッパのSamsung Galaxy S5の買い手は、所有者が半分より多い58%であった。

ヨーロッパを横切って、アンドロイドは、73.3%のシェアを備えたナンバーワンOSのままであった。

アップルは16.6%のシェアで、Windowsは3番目で8.1%であった。

Kantar Worldpanel ComTechの戦略的な洞察管理者ドミニック・スンネボ(Dominic Sunnebo, strategic insight director at Kantar Worldpanel ComTech)のコメントは、
「Samsung Galaxy S5は、ヨーロッパを横切って元iPhone所有者を引きつけることにおけることで成功をしました。一般に、Samsung Galaxy S5を買う消費者は、その大きな画面サイズによって主として引きつけられました。これは、iPhone 6が9月後半に期待されて始めると噂された、より大きなスクリーンでアップルがアドレスするものです。」
「アメリカでは、Samsung Galaxy S5はちょうどiPhone 5Sに次ぎ5月で2番目に高く売るスマートフォンでした。しかし、合計の商標レベルでサムソンは、過去3カ月間アップルの32.5%に対して販売対の36.8%を備え、トップのスポットを要求しました元iPhone所有者がSamsung Galaxy S5販売のちょうど8%を占めて、米国において高いアップルの忠実は、サムソンに変わる大多数のものはLGとHTCのユーザーでした。」