2014-07-05

エジプトは燃料と発電コストを値上げ。

BBC Newsは、エジプトは、国庫補助金を削減し、かつ財政赤字を縮小する動きのため、電気と燃料価格の値上げを導入したと報告した。

電気料金が5年以内にほとんど2倍になると予想されている一方、いくつかの燃料関税が78%分増加していることが報告されている。

政府は、現在その半分未満の生産費で電気を売っている。

停電はエジプトにおいてますます一般的になった。

職員は、補助金の高額がさらにメンテナンスおよびキャパシティー拡張の両方の不履行に結びついたと言った。

増加への上昇で大臣は、燃料と電気の価格の増加が食物と輸送のコストの中で急増に結びつくだろうという静かな恐れを求めた。

電気のための目盛りの価格構成は、貧困層に対する負担を減らすことを目標としている。

木曜日に、エジプトの供給大臣のハーリド・ハナーフィ(Egyptian Minister of Supply Khalid Hanafi)は、彼が主要生産物の価格の「わずかな増加」だけを予言したと言った。

アナリストは、エジプトの新政府が燃料、輸送、食物および農業をカバーする補助金で、政治上敏感な改革の範囲を導入すると予想されると言った。

国の経済は悪く、5年間以上の政治的不安で打撃を受けた。

過去の会計年度で、財政赤字は国内総生産(GDP)の14%であった。
また、公債は、GDPの100%を超過した。

ムハンマド・モルシ大統領(President Mohammed Morsi)を排除する、相互のローンでもうUS$120億を開けていたであろうIMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)からのUS$48億(£2.8bn)のローンを実行しなかったことで、取り引きに署名する彼の抵抗は部分的にはそれに結び付けられた緊縮政策であった。

これらはエネルギー補助金を縮小し、公共部門労働力のカット売上税の導入を含んでいた。

エジプトの予算の4分の1は国の650万人の公のセクター労働者によって説明されている。

エジプトは、まず国内の安定である。
安定すれば、観光収入も増加できる。

観光立国は、国内不安定が国家を潰す。

ただし、国民にとって、燃料と発電コストを値上げは、不満に繋がるだろう。