2014-07-01

前フランスの大統領が直面する調査の内容と目的。

BBC Newsは、フランスの調査者は事務を調査していた裁判官に影響を及ぼそうと努力することの容疑でニコラ・サルコジ前大統領(former President Nicolas Sarkozy)を拘留しました。

その尋問は、彼のパーティーのリーダーシップを回復し、かつ大統領職の間再び挑戦する彼の試みへの風と見なされている。

59歳のサルコジは、フランスの中心右UMP党、および2007年から2012年までの大統領であった。

彼はどんな悪事も否定している。

*なぜサルコジは拘留されたのですか?(Why has Mr Sarkozy been detained?)
調査者は、2007年の彼の大統領選挙運動の資金調達にさかのぼる場合に関する内部情報を求めることにより、公正のコースを曲解した疑いを彼にかけている。

彼らは、司法が彼の携帯電話が盗聴されていると彼に通知したと言っている。

*誰がほかに調査されていますか?(Who else is being investigated?)
サルコジの弁護士で58歳のチエリー・ハーツォグ(Thierry Herzog)は、ジルベルト・アジベルト(Gilbert Azibert)とパトリック・サソスト(Patrick Sassoust)、フランスの訴えで、破棄院の高等裁判所(High Court of Appeal, the Court of Cassation)の2人の裁判官に加えて、月曜日に拘留された。

調査者は、ジルベルト・アジベルトがモナコ(Monaco)で名声ポストの代わりに情報を提供するように依頼されたかどうか分かろうとしている。

チエリー・ハーツォグおよびジルベルト・アジベルトの両方の家およびオフィスは、尋問の一部として既に家宅捜査された。

67歳のジルベルト・アジベルトが法廷で高位の人物であったとき、チエリー・ハーツォグは30年間以上元大統領を知っていた。

*調査者は何を見ているか?(What are investigators looking at?)
前大統領は、一連の主張に直面した。
また、多数が、2007年に中へ動力を供給するように彼にしむけたキャンペーンの調達資金を中心に回る。

彼は2013年にロレアル相続人リリアンヌ・ベテンコート(Liliane Bettencourt)から現金で多額を受け取ることを取り除かれた。
この人は精神的に虚弱だったと言われていた。

しかし選挙資金の長年のクレームは、その時までにリビアのリーダー、ムアマル・カダフィ(Libyan leader Muammar Gaddafi)は、まだ残っている。

形式上の質問は昨年始まった。

調査者は、弁護士によって、訴えの高等裁判所がリリアンヌ・ベテンコートの尋問の一部としてとらえられて、彼の大統領の仕事日記から、サルコジが返したかどうか分かろうとして、どうにか知りたい。

リリアンヌ・ベテンコート訴訟は取り下げられたが、裁判所は日記が保持されるべきであると言った。

彼が報告者を使用したという提案が携帯電話盗聴から出現した。
それはリビアの資金提供するクレームのパ党として命じられた。

調査者は、見つけ出そうとしているのは、それだけでなく、ジルベルト・アジベルトは、質問に関する情報を提供したか。また彼は訴えの高等裁判所で影響力を行使したかということである。

*その調査は、大統領職ni挑戦する彼の予定に影響するか?(Will the investigations affect his chances of challenging for the presidency?)
サルコジは世論調査によれば、社会主義のプレジデント・フランソワ・オランドよりポピュラーである。

彼は、2017年に大統領職に挑戦する前に中心右UMPパーティーのリーダーシップを回復するつもりである。

しかし、主張の一定流量は、政治への彼の帰りを分裂させ続けている。

ビグマリオン(Bygmalion)として知られているリーダー、ジーン=フランソワ・コープ(Jean-Francois Cope)を、別のサルコジに資金提供する列のために辞職させながら、UMP党には現在舵がいない。

先週、この事件は、裁判官が逓増的費用をカバーするために2012年の大統領選挙戦中にパーティーが1000万ユーロ(£800万/US$1360万)の価値のインボイスを偽造したというクレームを調査し始めるのを見た。

*サルコジは、彼に対する主張に関して何と言いますか?(What does Mr Sarkozy say about the allegations against him?)
彼は、ビグマリオンの事柄についてのどんな知識も否定する。

また、彼は、共産主義の時代の東ドイツでそれらのアクションを秘密警察の仕事にたとえて、調査者による電話盗聴の使用を非難した。

彼は、「今日さえ、私に電話をかけるすべての人は、それらが盗み聞きされるであろうことを知っていなければならない」と最近書いた。

「これは不思議なフィルムからのクリップではありません、東ドイツの他のものの生活およびシュタージの活動。それは、どこかの独裁者の行動を含んでいません、これはフランスです。」と言っている。

それをされる必要があったという責任は、詭弁で回避されている。

2014-07-01---フランスのサルコジ前大統領を事情聴取のため拘束。
2013-10-07---サルコジ前大統領の「秘密の金」は却下。
2013-07-05---サルコジ元フランス大統領のUMP党は、お金を使い過ぎたので打たれた!
2012-11-22---サルコジ前大統領は不法な寄付で尋問!
2012-04-19---なぜフランスのサルコジ大統領はそのように嫌われるのか。
2011-10-17---フランスのロレアル相続人資産管理で、お家騒動!
2011-09-25---サルコジ、上院で大敗の窮地!
2011-09-01---リビア再建サミットをパリで開催。
2011-09-01---サルコジ大統領は、ル・モンドをシークレット・サービスに見張らせた。
2008-10-30---サルコジ大統領のブードゥー人形販売差し止め請求、裁判所拒否!
2008-10-20---フランス大統領サルコジ、カード詐欺被害!
2008-05-11---フランスのメディアを威嚇するサルコジ大統領を起訴!
2007-11-30---「サルコジなしの日」を設定するように訴えた。