2014-07-01

フランスの最大の銀行BNPパリバは、制裁妨害で罰金US$90億。

BBC Newsは、フランスの最大の銀行BNPパリバ(BNP Paribas)は、制裁妨害の申し立てに関する米国の検察官との記録でUS$90億(£51億)の合意に同意したと報告した。

取り引きの一部として、銀行は、スーダン、イランおよびキューバとの貿易に対する米国制裁を壊す2つの刑事告発について有罪を認めることになる

さらにBNPパリバは、2015年のスタートから1年間米ドルの処理を取り除くことを妨げられる。

その和解は米国史のそのような事件で最大になった。

「BNPパリバは2004年から2012年の間で、不法に米国金融制度を通って何10億を移動させ、複雑で浸透している計画に従事していた。」米国司法長官エリック・ホルダー(US Attorney General Eric Holder)は記者会見で言った。

その際に、銀行は「長年、米国制裁を慎重に繰り返し破られた。」と、彼は言った。

エリック・ホルダー長官は、「不法な行為は単に許容されないだろう」という米国と取引した他の会社に対する警告として、和解が役立つことを彼が望むと付け加えた。

つまり、まだ他の銀行にもあると言うことを、暗に臭わせている。
次は、何の銀行だろう。

噂になっている銀行は、戦々恐々だろう。

米国政府当局とのその合意の一部として、BNPパリバは、解雇し、制裁妨害に関係していた13人の個人を再雇用しないことに合意した。

BNPは言いました、の結果、それに罰金を科する、今年の第2・四半期に5.8bnユーロ(£4.6bn)の「例外的な料金」をとるでしょう。

それは、これが既に米国罰のコストを賄うために、それがわきに置いていた11億ドルの上にあると言いました。

しかしながら、それは、「その運用上か取引能力への衝撃はない」のを予期したと言い、それが第2・四半期に「充実した結果」を公表するだろうと言いました。

BNPパリバの最高経営責任者ジーン=ローラン・ボナフェ(BNP chief executive Jean-Laurent Bonnafe)は、問題の解決が銀行のための「重要な前方へのステップである。」と言った。

「私たちは、この解決に結びついた過去の不品行をとても後悔します。」と彼が付け加えた。

火曜の朝の電話会議でジーン=ローラン・ボナフェは、米ドルの中への外貨からの変換する支払いドル撤去(dollar clearing)から銀行が禁止された年に、その処理を第三者に委託するだろうということを説明した。

彼は、これをセット・アップする「全くいくらかの仕事」を表わし、それらがそうするために6カ月与えられた、と言った。

彼は、解決の一部として、BNPパリバが米国で操作するべきそのライセンスを守ることができるだろうと付け加えた。

スイスの金融規制者FINMA(Swiss Financial Market Supervisory Authority)は、さらに米国の権威の決定に続いて、それが国のBNPパリバのオペレーションの調査を閉じたと発表した。

ステートメントで、FINMAは、外国取引に関係のあること、BNPパリバが「またひどく固有のリスクを識別し、制限し、かつモニターするその義務を破った」と言った。
BNPパリバの株価は、午前取引、次の保証銀行がUS$90億の罰金を風化させることができたというで3%以上上昇した。

フランスは、罰金のサイズと、ほとんど同等のものBNPの全2013年の税引き前所得82億ユーロ(£67億/US$112億)に以上関して、米国を押している。

フランスの外務大臣ローラン・ファビウス(French Foreign Minister Laurent Fabius)は、示唆されたサイズの罰金が、「不公平で一方的な決定」そして「合理的でない。」として、「非常に重大問題」になるだろうと以前に言った。
米国の取締人は、他の妨害中で、マネーローンダリングと脱税を禁止する法律に違反する銀行に対するアクションを最近増強した。

スイスの銀行Credit Suisseは「脱税者」が米国税を納付しないようにするのを助ける際にUS$26億の罰および自認している犯罪者悪事に5月の初めに同意した。

また、2012年には、チャーターされたイギリスに本拠を置く銀行Standard Charteredが、イランおよび他の国々と処理を不法に米国制裁の下に隠すために米国の取締人および権威に合計US$6億7400万(£41900万)を払った。

制裁妨害用の米国の取締人によって銀行に対して徴収されて罰金で最大は、2012年にHSBCが払ったUS$19億であった。

これを正確に行わないと、経済制裁に大きな穴が空くことになる。

2014-06-03---フランスは、BNPパリバ'の罰金US$100億は、不合理と言った。
2014-04-25---G-7の国家は、ロシアに対するより多くの制裁に賛成。
2014-03-14---UBSのトレーダーは、基本的な香港の利率を装備しようとした。
2014-02-17---アメリカの銀行が設備を取消し、キューバは米国領事館を停止した。
2013-07-17---バンク・オブ・アメリカの利益は経費削減で急騰。
2013-05-07---不良債権が減るとともに、HSBC利益は約US$84億まで2倍になった。
2012-12-20---スイスのUBS、香港調査に直面!海外銀行の金融やくざえを追え!
2012-12-19---スイスのUBS、LiborスキャンダルでUS$15億の罰金!
2012-12-11---誰が銀行の罪の代価を払うのか?馬鹿げているが、それは、あなたです!
2012-12-11---グローバルな銀行業務スキャンダルを誰が監視しているか。
2012-12-11---HSBC、米国でのマネーローンダリング罪で史上最大、罰金US$19億!
2012-12-06---スコットランドの独立、ジョン・スウィンニーは、EU再志願報告を拒否。
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-12---スターバックス、Google、Amazonはヨーロッパで租税回避!
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。
2012-11-01---スイスの銀行口座を持った2,000人のギリシャ人の名前公開は不法か合法か。
2012-10-24---アマゾンは、電子ブック販売の節税を剥ぎ取られた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-10-03---イランは、通貨落下を止める手段を締めた。
2012-09-25---イギリスの銀行は、融資のために資金提供する新しいスキームに署名。
2012-08-26---Unicreditは、米国イラン制裁を破壊した?
2012-08-15---米国で呼び出された7つの銀行のLiborスキャンダル!
2012-08-15---Standard Charteredは、米国での解決で、株価を回復。
2012-07-30---ヨーロッパ最大のHSBCは、ミス販売とマネーローンダリングで利益を高騰!
2012-07-25---HSBC、メキシコ麻薬マネーローンダリングで罰金US$2,750万。
2012-07-22---世界のスーパー金持ち用脱税「隠し金山」を発見!
2012-07-17---ヨーロッパ最大銀行HSBC、麻薬マネーローンダリングを許可!
2012-07-16---HSBCは裁判所に、本部の抗議者を立ち退かるように依頼!
2011-07-25---米国の資金は、タリバンに流れていた!?